南野拓実の新ヘアスタイル、韓国誌も反響に言及 「ハンサムな風貌を取り戻したとファン歓喜」

新ヘアスタイルでチャンピオンズリーグに臨んだMF南野拓実【写真:Getty Images】
新ヘアスタイルでチャンピオンズリーグに臨んだMF南野拓実【写真:Getty Images】

短く散髪した姿でCLアヤックス戦に臨み、短時間で攻守に存在感

 リバプールの日本代表MF南野拓実は、現地時間17日に行われたエバートンとの“マージーサイド・ダービー”後に髪を切り、短くなった新ヘアスタイルがファンから反響を呼んだ。これを受け、韓国メディアも「ハンサムな風貌を取り戻した」と伝えている。

 世界各国では、いまだ新型コロナウイルスの影響で、外出などに制限がかかっている地域も少なくない。

 そのなかで、南野は10月のインターナショナルウィークに日本代表のオランダ遠征に参加。同11日のオンライン会見では、伸びた髪について質問が飛び、「(髪を)切りに行けていないだけで、めっちゃ切りたい」と“散髪願望”を口にしていた。

 南野は17日のプレミアリーグ第5節エバートン戦(2-2)では髪型は変わらず、えりあしは長いままだったが、20日にリバプール公式ツイッター日本語版が「いいね!似合ってる!」と写真を投稿。全体的に髪が短く刈られ、クールな表情も相まって精悍さが増したように見える“ニュールック”の南野には、好意的なコメントが多数寄せられていた。

 そのなかで、韓国誌「マネートゥデイ」は「タクミ・ミナミノは短い髪型で現れた。ハンサムな風貌を取り戻したとファンは歓喜した」と一連の流れをレポートしている。

 21日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第1節アヤックス戦(1-0)では、後半15分から出場して前線からのプレスと果敢な攻撃参加でアピールした南野。ユルゲン・クロップ監督も試合後に、「タキはマシンだ。彼はあらゆる場所にいる。デビル(悪魔)のようにディフェンスし、本当に攻撃にも関与している」と称賛しており、“ニュールック”もプレーに弾みをつける結果となっている。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング