「タキはマシン」 クロップ監督、途中出場・南野のプレーを称賛「あらゆる場所にいる」

チャンピオンズリーグのアヤックス戦に途中出場したリバプールMF南野拓実【写真:AP】
チャンピオンズリーグのアヤックス戦に途中出場したリバプールMF南野拓実【写真:AP】

後半15分から3トップの中央に入ると、前線からのプレスと効果的な攻撃参加で存在感

 リバプールは現地時間21日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ初戦でアヤックス(オランダ)と対戦し、相手のオウンゴールで手にした1点を守り切って1-0で今大会白星スタートを切った。日本代表MF南野拓実は後半途中から出場。目に見えた結果は残せなかったが、前線からのプレスと果敢に攻撃に絡む姿勢をユルゲン・クロップ監督も評価している。

 リバプールは守備の要であるオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクが右膝前十字靱帯損傷で手術を受けることが決まったため、センターバックにはブラジル代表MFファビーニョとイングランド代表DFジョー・ゴメスを起用。3トップにはエジプト代表FWモハメド・サラー、セネガル代表FWサディオ・マネ、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノの“黄金トリオ”が並んだ。

 序盤はアヤックスにボールを握られたリバプールだが、前半35分、左サイドからのスローインを受けたマネがドリブルでペナルティーエリア内に侵入。強引にシュートを放つと、ボールはアヤックスDFニコラス・タグリアフィコの足に当たってコースが変わり、相手のオウンゴールでラッキーな形で先制点を手にした。

 前半44分、後方からのロングフィードに抜け出したアヤックスのセルビア代表FWドゥシャン・タディッチが狙いすましたループシュート。GKアドリアンが頭上を破られるも、帰陣したファビーニョがゴールライン際で間一髪オーバーヘッドでクリアして、リードを保ったまま前半を折り返した。

 南野に出番が訪れたのは、1-0で迎えた後半15分だった。ポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタ、スイス代表MFジェルダン・シャキリとの“3枚替え”でピッチに立ち、3トップの中央に入ると、同25分には軽快なターンを経てペナルティーエリア外左45度から果敢に右足を一閃。ややブレながらのシュートは正面に飛んでしまい、相手GKに弾かれてしまった。

 その後も、前線からのプレスと、ビルドアップに絡みながら時に左サイドを突破して中央へ折り返すなど、攻守の局面で何度も顔を出した南野。目に見える結果は残せなかったが、途中出場でチームを活性化した。

 英公共放送「BBC」や英紙「ガーディアン」に寄稿するジェームズ・ネルトン記者は自身のツイッターで、試合後にクロップ監督が南野を称えたコメントを伝えている。

「タキはマシンだ。彼はあらゆる場所にいる。デビル(悪魔)のようにディフェンスし、本当に攻撃にも関与している。ディオゴ(・ジョッタ)といくつか良いワンツーもあった」

 17日に行われたプレミアリーグ第5節エバートン戦(2-2)では出番のなかった南野だが、今季CL初戦の内容あるパフォーマンスを指揮官も評価していた。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング