久保建英は「主人公になった」 決勝点関与&プロ初退場の“ギャップ”に海外注目

ビジャレアル久保が決勝点関与&退場で注目を浴びている【写真:Getty Images】
ビジャレアル久保が決勝点関与&退場で注目を浴びている【写真:Getty Images】

パレホの決勝ミドル弾に絡んだ一方で、後半アディショナルタイムに2枚目の警告で退場

 ビジャレアルの日本代表MF久保建英は、現地時間18日のラ・リーガ第6節バレンシアとのダービーマッチに後半途中から出場。決勝点に絡んだ一方で、イエローカード2枚でプロ初の退場となり、海外メディアは「主人公になった」と様々な観点から注目されたことを伝えている。

 ビジャレアルはエースのスペイン代表FWジェラール・モレノが代表活動中に負傷したことで、久保に先発のチャンスが巡ってくるかと見られたものの、バレンシア戦でもベンチスタート。しかし、この日は後半19分と比較的早いタイミングでナイジェリア代表MFサムエル・チュクウェゼに代わってピッチへと送り出された。

 すると後半24分、左サイドの展開から中央へ走り込んだ久保がスペイン代表MFダニエル・パレホへヒールで落とす。これを持ち込んだパレホがペナルティーエリア外から、古巣相手に痛烈なミドルシュートを決めた。

 2-1の勝ち越し点に絡む形となった久保だが、後半アディショナルタイムにスライディングに行った際に相手の足を引っかけてしまい、この日2枚目のイエローカードを受けて退場処分となってしまうほろ苦い結末となってしまった。

 海外サッカーサイト「BeSoccer」ポルトガル版は、「クボにより多くのプレー時間があった…そして、最終的に退場となった」との見出しでレポートしている。

「(インターナショナルウィークで)クボについて多くのことが語られた1週間後、彼はビジャレアルで少し目立つようになった。スタメンではなかったが、エメリはいつもより多く出場時間を与え、主人公になった。日本人選手はまず、パレホのゴールに絡んでスコアを2-1とした。その後、ラスト数分で2枚目の警告となり、レッドカードを出された」

 退場に関してはやや皮肉も込められた印象もあるが、得点関与とアピールはした久保。エメリ監督は久保の退場処分の取り消しを要求する動きを見せているが、再び出場機会を手にした際にはさらなる結果を残したいところだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング