森保ジャパン、2列目活性化へ「南野×久保」共存は新たな可能性? 今遠征わずか6分間の競演

カメルーン戦で6分間ともにピッチに立ったMF南野拓実とMF久保建英【写真:Getty Images】
カメルーン戦で6分間ともにピッチに立ったMF南野拓実とMF久保建英【写真:Getty Images】

【日本代表|2列目考察】カメルーン戦で6分間ともにプレー 南野「プレー時間が長くなれば…」

 森保一監督率いる日本代表は、オランダ・ユトレヒトで国際親善試合カメルーン戦(0-0/9日)と、コートジボワール戦(1-0/13日)のアフリカ勢2連戦を戦った。“オール欧州組”で臨んだ今回のオランダ遠征は、昨年12月のE-1選手権以来10カ月ぶり、今年に入って初めての代表活動となった。1勝1分で2試合連続無失点に抑えた森保ジャパンだが、得点はセットプレーからのDF植田直通(セルクル・ブルージュ)のダイビングヘッド弾のみで、攻撃陣は“沈黙”。注目の2人、“新10番”MF南野拓実(リバプール)と19歳MF久保建英(ビジャレアル)の競演は、わずか6分間のみだった。すでに決定している来月の国際親善試合メキシコ戦(現地時間11月17日/オーストリア)では、「南野×久保」の共存が新たな可能性を示すのではないだろうか。

 ともにピッチに立ったのは、2試合でわずか6分間だけだった。カメルーン戦、後半からチームが3バックに変更したなか、南野は左シャドーに入った。後半20分にはMF堂安律(ビーレフェルト)に代わって久保が途中出場。右シャドーを務め、南野が下がるまでのわずか6分間ともにプレーした。

 これまで2人は、久保がA代表デビューを果たした昨年6月以降、9月と10月の代表活動でともに招集。だが、一緒にピッチに立ったのは9月の国際親善試合パラグアイ戦(2-0)のみだった。南野がフル出場を果たした一戦で、久保はハーフタイムに途中出場。45分間ともにプレーした。

 カメルーン戦は2度目の競演で、わずかな時間ながら南野にとっては好感触だった模様。「今後もプレー時間が長くなれば、チームにとってプラスになる。一緒にプレーすることがあればコミュニケーションを取って、お互いの良さを生かしていければ良い」と、時間をかけて連係を構築させることに期待を寄せていた。

 それには理由がある。初めて競演を果たす前の昨年6月エルサルバドル戦(2-0)では、南野と久保が交代。10月のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選タジキスタン戦(3-0)でも入れ違いだった。さらに、今回のコートジボワール戦でも先発した久保と南野が交代している。これまで入れ替わることも多く、一緒にピッチに立ったのは計51分間と、なかなかプレー時間をともにすることがなかった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「キック精度が異次元」 長谷部誠の“代役GK”に再脚光、守護神で奮闘「万能すぎる」と称賛

  10. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  7. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  8. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  9. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」