南野拓実、“フィルミーノ超え”データにリバプール地元紙注目 次節“ダービー”の先発起用を推奨

リバプールMF南野(左)とFWフィルミーノ【写真:Getty Images&AP】
リバプールMF南野(左)とFWフィルミーノ【写真:Getty Images&AP】

クロップ監督が求める前線からの守備、南野の数値はフィルミーノを上回る

 リバプールの日本代表MF南野拓実について、英地元紙「リバプール・エコー」が守備面でチームに大きく貢献していることをデータを基に指摘。「リバプールはようやくロベルト・フィルミーノの代役を見つけたかもしれない」と見出しを打ち、日本人アタッカーのチーム内での存在感が増していることを紹介している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 今年1月にリバプールに加入した南野は、今季はまだリーグ戦でのゴールこそないものの、9月24日のカラバオカップ4回戦のリンカーン・シティ戦では2ゴール1アシストをマークするなど、徐々に頭角を現しつつある。

 このリンカーン戦での南野の活躍について、同メディアは「この試合だけで、リバプールの背番号18(南野)がチームの前線の要としてフィルミーノに取って代わることのできる存在であると証明されたわけではない」としつつも、「ユルゲン・クロップ監督が最も重視する前線からの守備という点で、南野はフィルミーノと類似のスキルを兼ね備えていることを限られた時間のなかで示した」と指摘。守備面において、センターフォワードの一番手であるブラジル代表FWロベルト・フィルミーノに引けを取らないパフォーマンスを見せたと分析している。

 その根拠となっているのが、南野とフィルミーノに関係したデータだ。2017-18シーズン以来、フィルミーノの相手選手へのプレス回数は1試合平均22.9回。これに対して、南野のこれまでのプレス回数の1試合平均は24.1回だった。

 加えて、南野がプレスをかけた場合、チームは34.1%の確率で5秒以内に相手からボールを奪い返しており、このプレス時の成功率はフィルミーノの数値(29.2%)を上回る。また、南野はアストン・ビラ戦でもチーム3位となる15回のプレス回数を記録していて、前線からの守備でチームに大きく貢献していることがデータからも証明されているという。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  5. 偶然?故意? J2の珍事が話題…蹴ったボールが審判にヒット→FW退場に賛否「退場やむなし」「審判が感情的に見えた」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「奇抜」「威圧感がある」 韓国代表のW杯新ユニフォーム、ホーム&アウェー用デザインに海外注目

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  10. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  7. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  8. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  9. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」