今季絶好調の鎌田大地、“さらなる高み”への挑戦 ドイツでのプレーに見える変化とは?

フランクフルトで活躍する日本代表MF鎌田大地【写真:Getty Images】
フランクフルトで活躍する日本代表MF鎌田大地【写真:Getty Images】

【ドイツ発コラム】開幕から3試合で1得点3アシスト、フランクフルトの好スタートに貢献

 ブンデスリーガ第3節、元日本代表MF長谷部誠と日本代表MF鎌田大地がプレーするフランクフルトは、ホームでホッフェンハイムを2-1で下した。これでフランクフルトは、第3節終了時点で首位RBライプツィヒと同じ勝ち点7の3位につけている。

 この試合で大活躍を見せたのが鎌田だった。

 ホッフェンハイムに1点リードを許す展開で、まず後半9分に同点ゴールをマーク。左MFシュテフェン・ツバーからのクロスがペナルティーエリア内のFWバス・ドストに渡った瞬間、ホッフェンハイム守備陣は秩序を失っていた。その隙を見逃さずにぽっかりとできたスペースへ猛ダッシュを仕掛けると、ドストからのパスをいち早くゴールへ流し込む。

 同26分には中盤からのドリブル突破で逆転ゴールをお膳立て。マークに来たホッフェンハイムMFフロリアン・グリリッチを鋭い動きでかわすと、そのままペナルティーエリア内に侵入し、さらに2人のDFを抜き去る。そして飛び出してきた相手GKオリバー・バウマンの目先でタイミング良くゴール前で待つFWアンドレ・シルバへラストパス。シルバのシュートはDFにブロックされたが、粘ったシルバからのパスを最後にドストが至近距離からゴールに蹴り込んだ。

 昨シーズンはリーグ初ゴールまでだいぶ時間がかかったが、今季は3試合目で初ゴールと幸先が良い。シーズン開幕前に、今季の目標にゴールとアシスト合わせて15点をあげていた鎌田。3節終了時で1ゴール3アシストと、しっかり数字を残せているのは素晴らしい。

 ホッフェンハイムのセバスティアン・へーネス監督は、「フランクフルトは一つのゴールで勢いに乗ることができるチーム」と称していたが、鎌田の得点がスタジアムの熱狂を生み、膨らんでいくファンの熱気がさらにチームの背中を押していく相乗効果へとつながったのだ。

 それ以外にも、攻守におけるプレーへの関わりが非常に積極的になっている点に注目だ。

 アディ・ヒュッター監督からの課題として取り上げられている守備への取り組みに、今季は開幕戦からとても精力的にアプローチしている。昨シーズンでも守備には汗をかいていたが、自分の周りでボールを奪いにいける局面でしかスイッチが入らないことが多かった。そのあたりで今季は、常に次の守備アタックポイントを見定めながら、自分から粘り強くアタックする頻度が増えてきているのだ。このホッフェンハイム戦では後半21分に、相手のクロアチア代表MFアンドレイ・クラマリッチに対して素晴らしい体の入れ方でボールを奪い取り、ビッグチャンスにつなげるシーンもあった。鎌田は、より完成度の高い選手への階段を上っている。

page1 page2

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング