「超えていけるように」 菅原由勢、安定感◎酒井の“ライバル”へ「右SBで勝負していきたい」

カメルーン戦でA代表デビューを飾ったDF菅原由勢が新たな決意【写真:浦正弘】
カメルーン戦でA代表デビューを飾ったDF菅原由勢が新たな決意【写真:浦正弘】

菅原由勢はカメルーン戦で後半41分から途中出場しA代表デビュー

 森保一監督率いる日本代表は10日、オランダ・ユトレヒトで合宿6日目を迎えた。同地で行われた国際親善試合カメルーン戦(0-0)から一夜明け、A代表デビューを果たしたDF菅原由勢(AZ)は、オンライン取材に応じた。左ウイングバックで途中出場した20歳は、今後「右サイドバック(SB)で勝負したい」と決意を新たにした。

 目標にしてきた舞台だった。菅原はカメルーン戦の後半41分、0-0の場面でMF原口元気(ハノーファー)に代わって出場。ピッチに立つ時間は短かったものの、無失点に抑えきり、「ここまでくることができたな」という実感した。

 東京五輪世代の主力として活躍が期待されるなか、初めてのA代表招集。名古屋グランパスの下部組織出身で、ユース所属の高校2年生だった2018年に2種登録。同年の開幕戦となるガンバ大阪戦でJ1史上2位の若さとなる17歳7カ月27日でスタメンを務め、トップ昇格を果たした。そして昨年夏にAZへの移籍が決定。海外1年目で16試合2得点の活躍だった。

 右SBが主戦場もセンターバック、中盤、攻撃的なポジションもこなす器用さを持つ。AZでは左SBも務めていることから、カメルーン戦では左ウイングバックでピッチに立った。GK以外どこでも務める柔軟性も持ち味だが、菅原には強い信念がある。

「自分のポジションは右SBだと思っていますし、そこで勝負していきたい。でも、超えなければいけない壁が数多くある。一つ一つ向き合って、その壁に対して成長しながら超えていけるように、やっていった先に自分がSBでプレーできていると思うので、毎日毎日一つ一つ(積み重ねていきたい)と思っている」

 大きな壁の1人は、カメルーン戦では圧倒的な経験値と安定感を見せたDF酒井宏樹(マルセイユ)。フランスの強豪でも欠かせない存在として欧州の舞台で輝き続けている。30歳になった酒井の“後継者”として、名乗りを上げた菅原。まだA代表のスタートは切ったばかりだが、ここから酒井の“ライバル”としてのし上がる覚悟だ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング