16位に沈むシント=トロイデン、現地識者が酷評 「どこに向かっているのか見えない」

現在16位に沈むシント=トロイデンで出場を続けるFW鈴木優磨(右)【写真:Getty Images】
現在16位に沈むシント=トロイデンで出場を続けるFW鈴木優磨(右)【写真:Getty Images】

7戦未勝利と低迷、日本人5選手が在籍も苦戦が続く

 ベルギー1部リーグは今季開幕から第8節までを消化したが、日本人5選手が在籍するシント=トロイデンは16位に沈んでいる。この状況を受けて、地元メディアからは批判の声が高まっているようだ。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 シント=トロイデンは、8月9日に行われたヘントとの開幕戦に2-1で勝利して幸先の良いスタートを切ったものの、その後は前節コルトレイク戦(0-0)まで7試合連続未勝利が続いている。また、在籍する日本人5選手の中で開幕戦からレギュラーとして試合に出続けているのは、ここまで2ゴールをマークしているFW鈴木優磨だけ。日本代表GKシュミット・ダニエルは今季まだリーグ戦での出場がなく、新加入のFW中村敬斗も第3節オーステンデ戦(0-0)以降はベンチ外が続いている。

 こうしたシント=トロイデンの現状について、ベルギー紙「Voetbal Belgie」も、「日本企業のDMMがシント=トロイデンを受け継いだ時から彼らの3年計画はスタートした。クラブはこの期間内に最低でも1回はプレーオフ1(優勝決定プレーオフ)に進むことを目指していたようだが、今の彼らは上ではなく下を向いているように見える。彼らの冒険は7位で始まり、昨シーズンは12位。今は8試合を終えて16位にいる」と、チームの現状が当初の計画通りに進んでいないことを指摘している。

 また、スポーツジャーナリストのステフ・ワイナンツ氏は、地元テレビ局の番組「TVL Sportcafé」で、「今のシント=トロイデンには組織だったものが見えない。多くの部分が骨組みだけの状態だ。ここ最近のシント=トロイデンについて良くなったと言える部分はあるだろうか? 彼らは何人かの優秀な選手たちを売ってしまった。主将のジョーダン・ボタカでさえ60万ユーロ(約7300万円)で売った。それなのに新しい選手を全く補強しなかった。私には彼らがどこに向かっていこうとしているのかが見えない。見えるのは、彼らのビジネスモデルだけだ」と発言して、クラブの運営方針に疑問を呈している。

 前節コルトレイク戦では基本フォーメーションを4-3-3から3-5-2に変更するなど、ケビン・マスカット監督もすでに現状を打開するために動き始めている。代表ウィーク明けの17日には、日本代表FW鈴木武蔵のいるベールスホットと対戦。この試合は浮上のきっかけを掴むためにも、勝たなくてはならない一戦となりそうだ。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」