宇佐美「全てを尊敬」…移籍決断の遠藤と豪華2ショット 元同僚の韓国DFも反応「いい写真」

G大阪FW宇佐美貴史【写真:高橋学】
G大阪FW宇佐美貴史【写真:高橋学】

遠藤の磐田への期限付き移籍発表を受けて公式インスタグラムに写真を投稿

 元日本代表MF遠藤保仁の、J1ガンバ大阪からJ2ジュビロ磐田への期限付き移籍が5日に正式発表された。クラブ在籍20年目での決断が大きな反響を呼んでいるなか、G大阪のFW宇佐美貴史が自身の公式インスタグラムを更新。「全てを尊敬しています」と綴り、遠藤と笑顔でサムズアップする2ショットを公開すると、元同僚も「いい写真」と反応している。

 遠藤は1998年に鹿児島実業高校から横浜フリューゲルスに加入。2001年に京都パープルサンガ(当時)からG大阪へ移籍し、今季で在籍20年目を迎えた。昨年8月2日のJ1リーグ第21節ヴィッセル神戸戦では公式戦1000試合出場を果たし、プロ23年目を迎えた今年はJ1通算出場数で新記録となる通算632試合を達成。記録はここまで通算641試合まで伸ばしているものの、今季リーグ戦の先発出場はわずか3試合にとどまっていた。

 出場機会を求めたうえで、愛するG大阪を離れる決断をした遠藤に対し、2009年のトップデビュー以来、その背中を追い続けてきた宇佐美が公式インスタグラムで反応。お互いに満面の笑顔でサムズアップする2ショットとともに「全てを尊敬しています」と綴り、40歳で新天地に挑む“先輩”に敬意を表した。

 この投稿に対してG大阪に通算7年在籍した元同僚で、今夏に名古屋グランパスに完全移籍した元韓国代表DFオ・ジェソクが「いい写真」と反応。ファンからも「素敵な笑顔」「自然に涙が出てきます」「やっぱりヤットにはガンバが似合う」「2人のガンバでの活躍また見たい」「永遠に大好きなコンビ」など、様々な声が寄せられていた。

 2014年の三冠達成など、クラブの輝かしい歴史を築いてきた2人。来季再びG大阪でコンビ結成となることを、多くのファンが願っていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング