本田圭佑、監督交代後の“初投稿”にファン懇願 「最後まで一緒に戦おう」「今こそやってくれ」

ボタフォゴでプレーするMF本田圭佑がランニングに励む様子を公開【写真:Getty Images】
ボタフォゴでプレーするMF本田圭佑がランニングに励む様子を公開【写真:Getty Images】

ボタフォゴはアウトゥオリ監督の退任が決定し、苦境に直面

 ブラジル1部ボタフォゴのMF本田圭佑が自身の公式インスタグラムを更新。指揮官交代の苦境となるなか、スタジアムの外でランニングに励む様子を投稿し、ファンから「最後まで一緒に戦おう」とエールを送られている。

 本田は今年の1月にボタフォゴに加入。3月15日のリオデジャネイロ州選手権バングー・アトレティコ・クルーベ戦(1-1)でデビューを飾り、ゴールも決めた。その後は新型コロナウイルス感染拡大によりリーグ戦中断となっていたが、すでに公式戦は再開している。 9月23日にはコパ・ド・ブラジル4回戦第2レグのヴァスコ・ダ・ガマ戦が行われ、本田は先発出場。0-0のドローと2戦合計スコア(1-0)での次ラウンド進出に貢献している。

 しかし、直近のリーグ戦2試合ではベンチ外となり、チームも1分け1敗と苦戦。20チーム中19位に低迷することとなり、現地時間10月1日にはパウロ・アウトゥオリ監督の退任と、ブルーノ・ラザロニ氏の新監督就任が発表されていた。

 クラブとして苦境に直面するなか、本田は自身の公式インスタグラムを更新。監督交代後の初投稿では、ボタフォゴにメンションする形で「Step by step(一歩ずつ)」と綴り、夕日が差すなかで本拠地ニウトン・サントスの外の芝生の上をランニングする様子を投稿している。

 変化を求められる状況で、地に足をつけて進んでいくことを示した本田。この投稿に対し、コメント欄では「ボタフォゴには君の創造性が必要だ」「今こそやってくれ、サムライ」「チームには立ち上がってほしい」「最後まで一緒に戦おう」と現地ファンからの願いが多く寄せられていた。

 厳しい時期を迎えているボタフォゴだが、ファンはそんな時こそ本田の存在に希望を見出そうとしているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング