久保は「忍耐強くなる必要がある」 現地番記者が推測「エメリが目指しているのは…」

ビジャレアルMF久保建英【写真:Getty Images】
ビジャレアルMF久保建英【写真:Getty Images】

【スペイン発コラム】アラベス戦で4試合連続のベンチスタート、得意ではない左サイドで出場

 ビジャレアルは現地時間9月30日、リーガ・エスパニョーラ第4節でアラベスをホームに迎えた。スペイン各紙は試合前、前節バルセロナ戦で0-4の惨敗を喫したなか、後半途中からの出場ながらチーム唯一の枠内シュートを放ってインパクトを残したこと、そしてアラベス戦がミッドウィークの試合のため、日本代表MF久保建英の先発出場を予想していた。

 しかし、ウナイ・エメリ監督はアラベス戦前日の記者会見でローテーションの可能性を問われ、「私はベストのスタメンを作ることを心がけているので、変更は欠場者やフィジカル面に問題のある選手が出た時だ。そのため我々は明日の試合に向け、できる限りベストのチームで臨むつもりだよ」と語っており、久保のスタメン入りの可能性が微妙であることを示唆した。

 エメリ監督は試合当日、バルセロナ戦の惨敗を受けて、システムを4-4-2から4-1-4-1に変更し、負傷したMFフランシス・コクランに代えてMFビセンテ・イボーラを起用したほか、MFサムエル・チェクウェゼに代え、MFマヌエル・トリゲロスを入れただけだった。中盤ではイボーラが1ボランチを務め、その前に右からFWジェラール・モレノ、トリゲロス、MFダニエル・パレホ、MFモイ・ゴメスが並び、FWパコ・アルカセルが1トップでプレーした一方、久保はリーグ開幕から4試合連続でベンチスタートとなった。

 中盤を厚くしたビジャレアルはキックオフから主導権を握ってアラベスを圧倒し、アルカセルが2得点、G・モレノがPKで1得点を記録した一方、失点はGKセルヒオ・アセンホのミスによるものだけだった。ビジャレアルはバルセロナ戦の悪いイメージを払拭する3-1の勝利を飾り、今季2勝目を挙げることに成功した。

 そんななか、久保にチャンスが与えられたのはチームが2点をリードしていた後半30分から。しかし得意ではない左サイドでのプレーを余儀なくされ、ドリブルは徹底的に警戒されたためファウルを用いて抑えられた。短い出場時間のなか、試合終了間際に枠内シュートを放って見せ場を作るが、バルセロナ戦のようには輝けなかった。

 エメリ監督はアラベス戦後の記者会見で、久保を左サイドハーフで起用した理由について、「試合前に彼と話し、2列目すべてのポジションでプレーしてほしいことをすでに知らせているし、それに取り組んでいる最中だ。彼のベストは右サイドだが、そこにはサム(チュクウェゼ)とジェラール(モレノ)との競争がある。彼に快適さを感じてほしいし、我々は彼がどこでフィットできるかを探しているところだ。それが右なのは明らかだが、左サイドでプレーするために成長する必要がある。彼はしっかりと取り組んだが、今日は輝けなかった」と説明した。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング