「南野がショッキングなミス」 “バー直撃シュート”に英辛辣「千載一遇のチャンスだった」

リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】
リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】

リバプールはアーセナルとのPK戦で惜敗 南野は最大の決定機で決め切れず

 リバプールは現地時間1日、カラバオカップ4回戦でアーセナルと対戦し、0-0の末に突入したPK戦で4-5と敗れた。日本代表MF南野拓実は3トップの最前線で先発フル出場したが、前半終了間際に放ったシュートはバーを直撃。英メディアは「南野がショッキングなミス」と見出しを打って取り上げている。

 今季開幕直前に行われたコミュニティー・シールドで対戦した両チームだが、リバプールは1-1で迎えたPK戦の末にアーセナルに競り負けた。一方、9月28日のプレミアリーグ第3節では、リバプールが3-1で勝利。中2日で早くも今季3度目となる対戦を迎えたが、控え組中心に構成されたスカッドで、南野は3トップの最前線で先発を飾った。

 序盤は膠着した展開となったが、0-0で迎えた前半45分に南野がこの日最大の決定機を迎える。右サイドからのクロスに走り込んだポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタがダイビングヘッドで合わせるが、相手GKに弾かれてしまう。こぼれ球に走り込んだ南野がゴール目前で蹴り込むも、浮いたボールに合わせたボレーシュートはクロスバーを直撃した。

 試合はそのままスコアレスで終了し、PK戦に突入。南野は3人目のキッカーとしてネットを揺らしたが、リバプールは最終的に4-5で競り負けた。そんななか、英サッカー情報サイト「CAUGHT OFFSIDE」は「南野がショッキングなミス」と見出しを打ち、「千載一遇のチャンスだった」と指摘している。

 記事では、「南野は6ヤード(約5.5メートル)のボックス内にいて、(ドイツ代表GKベルント・)レノはまだピッチに倒れているにもかかわらず、ネットを揺らすのではなく、どういうわけかクロスバーを叩いた」と説明。結果論にはなってしまうが、このチャンスをモノにしていれば、リバプールにとっては値千金の決勝点となっていた。南野にとってだけでなく、チームとしても悔やまれるワンシーンとなった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング