南野、バー直撃シュートは「決めなければならない」 及第点の評価も…英紙は決定機逸を指摘

リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】
リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】

リバプールはカラバオ杯でアーセナルにPK負け 南野は3トップ中央で先発フル出場

 リバプールは現地時間1日、カラバオカップ4回戦でアーセナルと対戦し、0-0の末に突入したPK戦で4-5と敗れた。日本代表MF南野拓実は3トップの最前線で先発フル出場。現地メディアは南野に対し及第点を与えているが、バー直撃のシュートシーンについては「決めなければならなかった」と指摘している。

 今季開幕直前に行われたコミュニティー・シールドでも対戦した両チームだが、リバプールは1-1で突入したPK戦でアーセナルに競り負けた。一方、9月28日のプレミアリーグ第3節では、リバプールが3-1で勝利。中2日で早くも今季3度目となる対戦を迎えた両者だったが、両チームともに控え組を送り込み、南野は3トップの最前線で先発した。

 序盤は膠着した展開となったが、0-0で迎えた前半45分に南野がこの日最大の決定機を迎える。右サイドからのクロスに走り込んだポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタがダイビングヘッドで合わせるが、相手GKに弾かれてしまう。こぼれ球に走り込んだ南野がゴール目前で蹴り込むも、浮いたボールに合わせたボレーシュートはクロスバーを直撃した。

 試合はそのままスコアレスで終了し、PK戦に突入。南野は3人目のキッカーとしてネットを揺らしたが、リバプールは最終的に4-5で競り負けた。英地元紙「リバプール・エコー」はアーセナル戦に出場した選手に10点満点で採点を付けており、南野には及第点となる7点を与えていた一方、痛恨の決定機逸についても触れている。

「中盤に落ちてきて相手守備陣に何度か問題を引き起こし、アーセナルの選手たちの足首に負荷をかけ続けた。しかし、ハーフタイム直前に近距離からバーに直撃させた一撃に関しては、決めなければならなかった」

 コミュニティー・シールドではアーセナルを相手に貴重な同点弾を記録した南野だが、この日は結果的に前半終了間際の決定機逸が試合の命運を分ける格好となってしまった。今後主力組を脅かしていくためには、限られたチャンスを掴み切る決定力が求められるだろう。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング