南野、最大の決定機でバー直撃… リバプールはPK戦の末にアーセナルに敗れカップ戦敗退

リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】
リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】

南野は前半終了間際のビッグチャンスをものにできず… リバプールはPK戦の末に敗退決定

 リバプールは現地時間1日、カラバオカップ4回戦でアーセナルと対戦し、0-0の末に突入したPK戦で4-5と敗れた。日本代表MF南野拓実は3トップの最前線で先発出場したが、最大の決定機で放ったシュートはバーを直撃。PK戦では3人目のキッカーとして成功させたが、チームを勝利に導くことはできなかった。

 今季開幕直前に行われたコミュニティー・シールドで対戦した両チームだが、リバプールは1-1で迎えたPK戦の末にアーセナルに競り負けた。一方、9月28日のプレミアリーグ第3節では、リバプールが3-1で勝利。中2日で早くも今季3度目となる対戦を迎えた両者だったが、南野は3トップの最前線で先発を飾った。

 両チームともにサブメンバーを中心に送り込んだ一戦は静かな立ち上がりとなるが、0-0で迎えた前半45分、南野に最大のチャンスが訪れる。右サイドからのクロスに走り込んだポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタがダイビングヘッドで合わせるが、相手GKに弾かれてしまう。しかし、こぼれ球に走り込んだ南野がゴール目前で蹴り込むも、浮いたボールに合わせたボレーシュートはクロスバーを直撃し、この日最大の決定機を逃してしまった。

 後半は、リバプールがギアを入れて押し込む展開が続くが、中盤に下がってくる回数が増加した南野はアタッキングサードの攻撃に絡むことができず、存在感が薄まってしまう。試合はそのまま0-0で終了し、PK戦へと突入。3人目のキッカーを務めた南野は冷静に決めるも、リバプールは最終的に4-5で敗れ、敗退を余儀なくされた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング