リバプール、アーセナルに3-1の逆転勝利で開幕3連勝 南野拓実は最終盤で途中出場

後半アディショナルタイムに出場した南野拓実【写真:Getty Images】
後半アディショナルタイムに出場した南野拓実【写真:Getty Images】

アーセナルとのビッグゲームで逆転勝利 新加入ジョッタがデビュー戦で貴重なゴール

 リバプールは現地時間28日、プレミアリーグ第3節でアーセナルと対戦し、3-1で接戦を制した。痛恨のクリアミスから先制点を献上するも、セネガル代表FWサディオ・マネとスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソン、そして新加入のポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタのゴールで逆転勝利を収め、開幕から手堅く3連勝を飾った。日本代表MF南野拓実は後半アディショナルタイムから出場した。

 8月29日にコミュニティー・シールドで対戦した際は、1-1で迎えたPK戦の末、アーセナルが競り勝ち、タイトルを献上していた。両チームともに2連勝で迎えた今節は、新加入のスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラが軽傷を負ったため、ブラジル代表MFファビーニョがアンカーに戻り、負傷明けのイングランド代表DFジョー・ゴメスが先発に復帰した。

 試合は序盤からリバプールが怒涛のように攻め込むも、度重なる決定機を物にできずにいると、前半25分、スコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンのゴール前でのクリアミスを相手FWアレクサンドル・ラカゼットに拾われ先制点を許してしまう。しかし、この失点で火がつき、同28分、右サイドを突破したエジプト代表FWモハメド・サラーの強烈な左足のシュート。一度は相手GKに弾かれるも、走り込んだセネガル代表FWサディオ・マネが押し込んですぐさま同点とする。

 さらに前半34分、右サイドからイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドが鋭いクロスを入れると、ファーサイドから走り込んだロバートソンが自らミスを取り返す勝ち越しゴールを奪った。

 後半は一進一退の攻防となるが、途中出場の新戦力ジョッタが後半43分にプレミアデビュー戦でネットを揺らした。南野は後半アディショナルタイムから出場し、試合は3-1で終了。開幕3連勝を達成した。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング