100点満点の笑顔、イニエスタが三浦新監督に肩掛け…神戸の“歓喜ショット”にファン感動

出場停止だったサンペールが歓喜のチームショットを公開【写真:Noriko NAGANO】
出場停止だったサンペールが歓喜のチームショットを公開【写真:Noriko NAGANO】

三浦新監督初陣で札幌に4-0と快勝 出場停止だったサンペールが歓喜ショットを投稿

 ヴィッセル神戸は26日、J1リーグ第19節・北海道コンサドーレ札幌戦で4-0と勝利し、三浦淳寛新監督の就任初戦を白星で飾った。試合後のロッカールームでは、3ゴールに関与した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが指揮官の肩に手をかけるなど、歓喜の集合ショットが公開されている。

 21日にトルステン・フィンク監督の電撃退任とコーチ3人の契約解除を発表した神戸は、24日に強化責任者のスポーツダイレクターを務めていた三浦氏の新監督就任を発表。ホームでの札幌戦で新体制初陣を迎えた。

 前半19分、イニエスタが敵陣左サイドで元日本代表DF酒井高徳にパス。リターンを受けると今度はダイレクトで酒井にスルーパスを通し、折り返しから最後は日本代表FW古橋亨梧がきっちりと決めて神戸が先制した。

 さらに同45分、ハーフウェーライン手前でこぼれ球を拾ったイニエスタが、ワントラップ後にすぐさま右足で約40メートルのスルーパスを供給。これに反応した古橋はシュートモーションに入ろうとするが、相手DFに阻まれてしまう。しかし、そのこぼれ球を後方から詰めたMF郷家友太がダイレクトで右足を一閃し、ゴールネットを揺らした。

 さらに後半17分、自陣ペナルティーエリア外でクリアボールを拾ったイニエスタは、トラップするやいなや左足で左サイド前方にロングパスを送ると、フリーで待ち構えていた古橋が独走。最後は相手GKの股を抜いて決定的な3点目を奪った。

 終了間際にも途中出場のMF小田裕太郎が追加点を決めた神戸は、4-0で札幌を退けて三浦新体制の初陣を会心の勝利で飾った。

 試合後、この日は累積警告で出場停止だったスペイン人MFセルジ・サンペールが公式ツイッターを更新。「さあ、行こう、ヴィッセル・神戸。勝ち点3」とメッセージを添えた写真では、勝利の立役者であるイニエスタが三浦新監督の肩に手をかけて笑顔を浮かべているほか、チーム全員で勝利の喜びを分かち合う歓喜の構図となっている。

 ファンからは「この一体感!泣ける!」「すげー久しぶりにこの光景見た」「いい写真や~」「みんないい顔、100点」「西がスタッフみたいな感じで立ってるのめっちゃツボ」といったコメントが寄せられており、新体制での巻き返しに期待が懸かる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング