「全快へ」 中島翔哉の“完全復活”に現地紙も注目「間もなく普通にプレーできる」

ポルトに所属する日本代表MF中島翔哉【写真:(C)CONNECT】
ポルトに所属する日本代表MF中島翔哉【写真:(C)CONNECT】

開幕戦はメンバー外となった中島、復活が近づく日本人MFを現地紙がクローズアップ

 ポルトガル1部ポルトに所属する日本代表MF中島翔哉は、完全復活に着々と近づいているようだ。「中島が全快へ近づく」「間もなく普通にプレーできるようになる」とポルトガル紙「O Jogo」が伝えた。

 26歳の中島は2019年夏からポルトでプレーし、昨季はリーグ戦16試合ノーゴールに終わった。シーズン終盤、家庭の事情などもありトレーニング欠席が続き、リーグ優勝のセレモニーなども不在で様々な憶測を呼んだ。今季のプレシーズン合流も遅れたなかで復帰の日は近いようだ。

 ポルトガル紙「O Jogo」は「FCポルト、中島が芝生でのトレーニング再開」と報道。チームは現地時間19日のリーグ開幕戦ブラガ戦で3-1と快勝したなか、中島はメンバー外となっていた。

 記事では「ホームでのブラガ戦で3-1と勝利してから24時間も経たないうちに、ポルトはオリヴァルに戻って仕事を始めた。選手たちは回復トレーニングを行い、その他の選手たちは普通にトレーニングをした」と言及。チーム動向に触れつつ、「中島が全快へ近づく」とクローズアップしている。

「有益なメモは、中島が再び総合的なコンディショニングトレーニングを行なったことだ。つまり、日本人はすでに芝生の上で動いており、間もなく普通にプレーできるようになるはずだ」

 日本代表はオランダ・ユトレヒトで10月9日にカメルーン代表、同13日にコートジボワール代表と国際親善試合を予定している。ポルトでの復帰とともに、代表招集の行方も注目を浴びそうだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング