王者リバプール、開幕戦4-3でリーズ撃破 サラーが圧巻ハットトリック、南野は出番なし

リバプールのエースFWサラーが圧巻のハットトリック【写真:AP】
リバプールのエースFWサラーが圧巻のハットトリック【写真:AP】

開始4分にリバプールが先制、サラーが4シーズン連続開幕戦ゴール

 現地時間12日にイングランド・プレミアリーグの開幕節が各地で行われ、昨季リーグ王者のリバプールが本拠地で昇格組のリーズと対戦し、三度追いつかれながらも最終的に4-3と勝利を手にした。

 日本代表MF南野拓実がベンチスタートとなったリバプールは3トップを採用し、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ、エジプト代表FWモハメド・サラー、セネガル代表FWサディオ・マネが先発。一方、戦術家マルセロ・ビエルサ監督が率いるリーズは17年ぶりにプレミアリーグの舞台に帰還し、敵地に乗り込んだ。

 試合は序盤から撃ち合いの様相を呈する。開始4分、リバプールが右サイドから打開し、サラーが強烈なシュートを放つと、相手のドイツ代表DFロビン・コッホの右腕にボールが当たってPK判定。サラーがど真ん中に打ち込み、エースFWの4シーズン連続開幕戦ゴールで幕を開けた。

 リバプールが先制したなか、劣勢のリーズも鋭い攻撃を見せつける。前半12分、自陣の深い位置からMFカルバン・フィリップスがロングパスを供給すると、左サイドでパスを受けたMFジャック・ハリソンが鋭いカットインから右足を振り抜き、同点となる一撃で試合を振り出しに戻した。

 その後は一進一退の攻防が続くも、前半20分に再びゲームが動く。リバプールが左CKを獲得し、スコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンが正確なパスを供給。これにオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクが飛び込み、高い打点のヘディングを叩き込んでリバプールが2-1とリードした。

 ところが同30分、リーズが自陣からパスをつなぎ、リバプール最終ラインの背後に高い浮き球のパスを送る。ファン・ダイクが反応してクリアを試みるもコントロールを誤り、こぼれ球を拾ったFWパトリック・バンフォードが流し込んでリーズが2-2と追いついた。

 この直後に王者が底力を見せつける。前半33分、敵陣中央でリバプールがFKを獲得。ロバートソンがゴール前にパスを送り、こぼれ球に反応したサラーが右足トラップから素早く左足を振り抜き、ゴール右上隅に強烈な一撃を決めてリバプールが3-2と再び優位に立った。

 後半に入るとリバプールが押し気味にゲームを進めるなか、リーズが少ないチャンスをモノにする。後半21分、左サイドでボールを奪ったリーズは、ポーランド代表MFマテウシュ・クリヒが右サイドへ展開。FWエルデル・コスタが低いクロスをゴール中央へ送ると、走り込んだクリヒがトラップから素早く右足を振り抜いて同点ゴールを奪った。

 3-3と拮抗した展開のなか、勝負を決めたのはエースの一振りだ。後半43分、ブラジル代表DFファビーニョが相手のエリア内で倒されてリバプールがPKを獲得。これをサラーが冷静に沈めてハットトリックを達成し、チームも四度目のリードを奪った。

 南野に出番は訪れないまま試合は終了し、リバプールが4-3で接戦を制して白星スタート。昇格組のリーズに苦戦を強いられたが、最終的に王者の底力を見せつけた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング