レアル、何が何でもベイル放出? ”高額週給”8300万円の半額負担プランを英紙報道

レアル・マドリード退団へ向かっているとされるFWギャレス・ベイル【写真:Getty Images】
レアル・マドリード退団へ向かっているとされるFWギャレス・ベイル【写真:Getty Images】

レアルがベイルの契約が残る2シーズン分、高額週給8300万円の半負担?

 レアル・マドリードは、なんとしても今夏の移籍市場でウェールズ代表FWギャレス・ベイルを放出したいようだ。英紙「デイリー・メール」は、レアルが移籍金2200万ポンド(約30億円)でも移籍を容認すると報じたが、英紙「デイリー・テレグラフ」は、レアルが契約の残る2シーズンの年俸を半額負担すると報じている。

 2013年にトッテナムからレアルに加入したベイルは、4度のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝をはじめ、レアルの複数のタイトル獲得に貢献した。しかし、昨シーズンの終盤はジネディーヌ・ジダン監督の構想から外れ、ピッチに立てない日が続いた。

 ベイルは昨夏のうちに中国の江蘇蘇寧への移籍が決まりかけていた。しかし、契約直前になりレアル側が態度を翻し、移籍は破談となった。その後は、2022年6月まで残っている週給60万ポンド(約8300万円)の契約がネックとなり、移籍先が見つかっていない。

 そんななかで、レアルは新たにベイルの移籍先が決まった場合は、その週給の50%にあたる30万ポンド(約4150万円)を負担し、ウェールズ代表FWをクラブから遠ざけようとしているようだ。

 現在、ベイルの獲得にはマンチェスター・ユナイテッドや古巣であるトッテナムのプレミア勢が関心を示しているという。年俸をキープしたいベイルにとっても、願ってもない話だろう。今週中には、ベイルはジダン監督と話し合いの場を持つと伝えられているが、ウェールズ代表のキャプテンは新シーズン、プレーする機会を得られることになるのだろうか。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング