「年齢は関係ない」 ウエスカ岡崎、久保建英との“日本人対決”に意欲「負けたくない」

ビジャレアル戦に向けたオンライン記者会見に登場したウエスカFW岡崎慎司【※画像はスクリーンショットです】
ビジャレアル戦に向けたオンライン記者会見に登場したウエスカFW岡崎慎司【※画像はスクリーンショットです】

念願のスペイン1部初戦で久保所属のビジャレアルと対戦「ゴールを取って勝てたらいい」

 スペイン1部に昇格したウエスカのFW岡崎慎司が9日、新シーズン開幕戦となる13日のビジャレアル戦に向けたオンライン記者会見に登壇。日本代表で共闘経験のある対戦相手のMF久保建英について、「年齢は関係ない。負けたくない」と語った。

 岡崎は2019年夏、4年間を過ごしたプレミアリーグのレスターを離れてスペイン2部ウエスカへ移籍。リーグ戦37試合に出場してチームトップの12ゴールと攻撃を牽引し、2018-19シーズン以来の1部昇格に大きく貢献した。

 来たる2020-21シーズンは待ち望んでいたスペイン1部での戦い。初戦の相手である強豪ビジャレアルには期限付き移籍で久保が加入し、いきなり日本人対決となる。岡崎は改めてプレーヤーとしての久保の印象を、このように語る。

「状況判断が優れていて、なんでもできる。自分で仕掛けてゴールも取れるし、アシストもできて周りも生かせる。そういう意味では自由にさせてはいけない選手だと思います」

 ビジャレアルはナイジェリア代表MFサムエル・チュクウェゼや新加入のスペイン代表MFダニエル・パレホなど実力者が在籍しており、「ビジャレアル自体がタケ以外の選手にも有名な選手がいるし、警戒するのはタケだけじゃない」と断りつつも、岡崎は日本人対決に静かに闘志を燃やしている。

「日本人対決で初戦で当たるだろうなという感覚が自分の中であったので、タケと当たるのは嬉しかったですね。年齢は関係ないと僕は思っているので負けたくない。日本人としても負けたくない。個人的には『日本人対決』、『開幕戦』は結構相性良い。ゴールを取って勝てたらいいと思います」

 これまでドイツ、イングランドでゴールを決めてきた岡崎がスペイン1部でも得点を決めれば、欧州5大リーグのうち3カ国でゴールした初の日本人選手となる。これまでストライカーとして生き様を示してきた“侍”は、新たなステージでも活躍を誓う。


【登録初月無料!】白熱するJリーグもDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング