「相棒ができた」 南野&フィルミーノの“新ホットライン”に反響「まさにミーノコンビ」

リバプールMF南野拓実とFWフィルミーノのコンビに注目(写真左側)【写真:Getty Images】
リバプールMF南野拓実とFWフィルミーノのコンビに注目(写真左側)【写真:Getty Images】

南野とフィルミーノが互いにゴールを演出 1ゴール1アシストの活躍

 リバプールは現地時間5日、プレシーズンマッチでイングランド2部ブラックプールと対戦し、7-2で圧勝を収めた。先発出場を飾った日本代表MF南野拓実は1ゴール1アシストの活躍を披露。クラブ公式インスタグラムはゴールシーンを公開しているが、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノとの“ホットライン”が反響を呼んでいる。

 リバプールはユルゲン・クロップ体制の下、4-3-3システムを基軸としてきたが、今夏のプレシーズンでは4-2-3-1システムに取り組んでいる。ブラックプール戦では、セネガル代表FWサディオ・マネ、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ、エジプト代表FWモハメド・サラーの強力3トップの舵取りを担うトップ下に南野が配置された。

 試合は前半15分、33分に立て続けに失点を喫する展開となったものの、同43分に右CKのキッカーを務めた南野のショートパスから、元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーがクロスを放り込み、元カメルーン代表DFジョエル・マティプがヘディングと叩き込んで1点を返し、後半7分にマネが同点弾を決めた。

 勢いに乗ったリバプールだが、ここで南野とフィルミーノが呼吸の合った連携を見せる。後半9分、ペナルティーエリア右でボールを受けた南野が鋭いグラウンダー性のボールを蹴ると、ゴール前に構えていたフィルミーノが即座に反応してネットへと押し込む。南野にアシストがついて勝ち越しゴールを決めた。

 さらにMFハーヴェイ・エリオットが追加点を決め、4-2で迎えた同26分、右サイドに抜け出したフィルミーノが巧みな切り返しで相手DFをかわすと、ゴール前に走り込む南野にラストパスを供給。これを冷静に流し込んで、ブラックプールを大きく突き放す5得点目を奪った。

 南野とフィルミーノは互いに御膳立てし合い、1ゴール1アシストを記録したなか、クラブ公式インスタグラムは「ボビーとタキのコンボ」と文章を添え、ゴールシーンを動画で公開。コメント欄では「タキとボビーはリバプールの新たなホットライン」「タキはまるで別人のように見える」「まさにミーノコンビだ」「ボビーにようやく相棒ができた」「タキが居場所を見つけた」と反響を呼んでいた。

 今年1月にリバプールに移籍した南野は、昨季はフィルミーノのバックアッパーを務めることが多かったが、4-2-3-1システムを採用する機会が増えれば、最前線にフィルミーノ、トップ下に南野の縦の連携が活性化する可能性も高い。プレシーズンで示した新たな“ホットライン”の可能性は、クラブにとってもポジティブな発見となったに違いない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング