「最も称賛を受けたのがタクミだった」 南野への“拍手喝采”に英注目「大役を務める可能性」

ブラックプール戦で1ゴール1アシストで勝利に貢献したリバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】
ブラックプール戦で1ゴール1アシストで勝利に貢献したリバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】

ブラックプール戦で南野が1ゴール1アシスト サポーターの反応に英メディアが注目

 リバプールは現地時間5日、プレシーズンマッチでイングランド2部ブラックプールと対戦し、7-2で圧勝を収めた。先発出場を飾った日本代表MF南野拓実は1ゴール1アシストの活躍を披露したが、英メディアは「ネット上で最も称賛を受けたのがタクミだった」と、サポーターからの拍手喝采に注目している。

 ユルゲン・クロップ監督就任後、リバプールは4-3-3システムをベースとしてきたが、今夏のプレシーズンでは4-2-3-1システムに取り組んでおり、ブラックプール戦でも採用。セネガル代表FWサディオ・マネ、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ、エジプト代表FWモハメド・サラーの強力3トップの舵取り役として、南野がトップ下に配置された。

 試合は前半15分、33分と立て続けに失点を喫する展開となったものの、同43分に右CKのキッカーを務めた南野のショートパスから、元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーがクロスを放り込み、元カメルーン代表DFジョエル・マティプがヘディングで叩き込んで1点を返し、前半を折り返した。

 後半7分にマネが同点弾を決めると、同9分にはペナルティーエリア右でボールを受けた南野が鋭いグラウンダーのシュートを放つと、ゴール前に構えていたフィルミーノが押し込んで勝ち越し弾をお膳立て。さらにMFハーヴェイ・エリオットが追加点を決め、4-2で迎えた同26分、南野がフィルミーノとの華麗な連係からネットを揺らした。

 最終的には大量7ゴールを決めてプレシーズンマッチ最終戦を終え、プレミアリーグ開幕に向けて弾みをつけたが、英メディア「GIVE ME SPORT」は「ネット上で最も称賛を受けたのがタクミだった」と、リバプールサポーターから拍手喝采を受けていると伝えており、「彼は今季、アンフィールドで大役を務める可能性がある」と新シーズンの躍進に太鼓判を押していた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング