「運命共同体なんだ」 南野、1G1Aの活躍をクロップ称賛「この7、8日は相当良かった」

リバプールのユルゲン・クロップ監督がMF南野拓実の活躍について言及【写真:AP & Getty Images】
リバプールのユルゲン・クロップ監督がMF南野拓実の活躍について言及【写真:AP & Getty Images】

親善試合のブラックプール戦で南野が1ゴール1アシストの活躍

 リバプールは現地時間5日、プレシーズンマッチでイングランド2部ブラックプールと対戦し、7-2で圧勝を収めた。先発フル出場の日本代表MF南野拓実は1ゴール1アシストの活躍を披露したが、ユルゲン・クロップ監督は日本人アタッカーのパフォーマンスに満足感を示している。

 これまで4-3-3システムを基軸としてきたリバプールだが、ブラックプール戦では今夏のプレシーズンで取り組んできた4-2-3-1システムを採用。セネガル代表FWサディオ・マネ、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ、エジプト代表FWモハメド・サラーの強力3トップの舵取りを担うトップ下に配置された。

 試合は前半15分、33分に立て続けに失点を喫する展開となったものの、同43分に右CKのキッカーを務めた南野のショートパスから、元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーがクロスを放り込み、元カメルーン代表DFジョエル・マティプがヘディングで叩き込んで1点を返し、前半を1-2で折り返した。

 後半7分にマネが同点ゴールを決めると、2分後にはペナルティーエリア右でボールを受けた南野が鋭いグラウンダーのシュートを放つと、ゴール前に構えていたフィルミーノが押し込み勝ち越し点をアシストした。さらにMFハーヴェイ・エリオットが追加点を決め、4-2で迎えた同26分、南野がフィルミーノとの華麗な連係からネットを揺らした。

 最終的には大量7得点を奪っての圧勝となったが、英地元紙「リバプール・エコー」は「クロップが南野に称賛を送った」と見出しを打ち、試合後のクロップ監督のコメントを紹介。トップ下で得点に直結する働きを見せた南野の活躍に、満足感を示している。

「私は彼が大きな自信をつけたことを期待している。常にそれを願ってきたことは明らかだ。(この日の活躍は)タキにとっても重要だったが、我々にとっても重要だった。それは運命共同体なんだ。全体のパフォーマンスにつながる。誰が得点を奪うのかはそこまで重要ではないが、タキに関しては、この7、8日は相当良かった」

 昨季はノーゴールノーアシストに終わった南野だが、今夏のプレシーズンではすでに計2ゴール1アシストを記録しており、新シーズンに向けて弾みをつけている。クロップ監督も日本人アタッカーの躍進に期待を寄せているようだ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング