G大阪守護神、2年間の“大改革”で得たものとは? 恩師にかけられた転機の言葉「戸惑いはあった」

ガンバ大阪GK東口順昭が語る2年間の変化【写真:高橋学】
ガンバ大阪GK東口順昭が語る2年間の変化【写真:高橋学】

【東口順昭インタビュー|第2回】2018年開幕前に松代GKコーチから決断を迫られる 「ロシアに行けないかも」

 ゴール前に立ちはだかるその存在は大きく、何よりも頼もしい。今季序盤戦で好調なガンバ大阪の絶対的守護神・東口順昭が、オンラインで「Football ZONE web」のインタビューに応じた。プロ12年目の34歳GKは新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、約4カ月の中断を強いられたなかでも好パフォーマンスを維持し、G大阪の最後の砦として守備陣を牽引している。J1リーグ第7節ヴィッセル神戸戦(2-0)でビッグセーブを連発するなどした東口に、これまでの“ベストセーブ”や取り組んでいる”改革”、衝撃的だったFWなどを聞いた。第2回は「好調維持の理由」について語った。

 G大阪ジュニアユース出身で、ボタフォゴMF本田圭佑や川崎フロンターレMF家長昭博らと同期だった東口。ジュニアユース時代は身長も低く、ユースには昇格できなかったため、京都府洛南高校に進学した。その後、福井工業大学から新潟経営大学に転入し、2009年にアルビレックス新潟でプロキャリアをスタート。プロ2年目には主力に抜擢されるも、11年には右ひざ前十字靭帯損傷、12年には右ひざ十字靭帯再断裂と内側側副靭帯損傷という大怪我で長期離脱を強いられた。それでも抜群の安定感を誇り、14年に“古巣”G大阪へ移籍。移籍1年目から高いパフォーマンスを見せ、J1昇格初年度の三冠獲得に貢献した。そして、現在もビッグセーブを連発する守護神として君臨している。

 日本代表にもコンスタントに選出されていた東口は、18年にロシア・ワールドカップ(W杯)メンバーに選ばれた。その勝負の1年が始まる前、18年の開幕前にG大阪の松代直樹GKコーチからある言葉をかけられていた。

「現状維持か、代表レギュラーどちらを選ぶ? このままならロシアのメンバーには選ばれると思う。でも、ここから課題克服に取り組んだら不安定になるかもしれない。もしかしたら、ロシアには行けないかもしれない。それでも、現状維持なら下との差は詰まっていく。下からの追い上げを突き放して挑戦するか、どうする?」

 その時、東口は迷わず「新たな挑戦」を選んだ。課題は、攻撃参加とポジショニング。東口は、身体能力が高く瞬時に反応ができる。だが一方で、反応できてしまうがゆえに細かいステップワークがなく、スプリント回数が増えていた。スプリント数が増えることで3手先、4手先を考えることもなかなかできず、有効なパスの選択肢が減っていた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング