久保建英の“20m高速ドリブル”、悪質ファウル誘発の瞬間に海外注目 「シャツを引っ張られ…」

ビジャレアルMF久保建英【写真:Getty Images】
ビジャレアルMF久保建英【写真:Getty Images】

ソシエダ戦に2試合ぶりにトップ下として先発、2-0勝利に貢献

 スペイン1部ビジャレアルの日本代表MF久保建英は現地時間2日、プレシーズン4戦目となるレアル・ソシエダ戦にトップ下として2試合ぶりに先発出場し、2-0の勝利に貢献した。ゴールこそ奪えなかったものの、前線からの積極的な守備で2ゴールに関与。また前半終了間際には鋭いターンから約20メートルのドリブル突破を見せ、このシーンに海外メディアも注目している。

 久保はここまで2部のカルタヘナ戦(3-1)、テネリフェ戦(2-3)、そして1部のバレンシア戦(1-2)とプレシーズンマッチ3試合にすべて出場。この日のソシエダ戦は、テネリフェ戦に続く2試合目のスタメン出場となり、4-2-3-1のトップ下に入った。

 試合は立ち上がりからいきなり動く。前半2分、久保と連動するように高い位置からプレッシャーをかけたMFサムエル・チュクウェゼがボールをカット。ドリブルから中央にグラウンダーのパスを送ると、これをゴール正面から新加入のMFフランシス・コクランが右足を振り抜き、ゴール左隅に鮮やかな先制ゴールを叩き込んだ。

 さらに同29分、相手ペナルティーエリア手前でのチュクウェゼのドリブルは相手DFに阻まれるも、素早く後方から詰めた久保がボールをカット。こぼれ球に飛び出したMFモイ・ゴメスが倒されてPKを獲得すると、これをアルカセルが決めて2-0とリードを広げた。

 そして守備面での貢献を見せてきた久保が、卓越したスキルを見せたのが前半アディショナルタイム1分のシーンだ。自陣左サイドで巧みなトラップから素早く反転。約20メートルをドリブル突破すると、後方から追走した相手DFアリツ・エルストンドがユニフォームを引っ張って倒し、イエローカードを受けた。

 この場面に、米スポーツ専門局「ESPN」ブラジル版も「タケフサ・クボはカウンターアタックを開始したが、シャツを引っ張られて止められた」と注目。「日本人はフィールドを前進したが、レアル・ソシエダDFのファウルによって止められた」と、相手がイエローカード覚悟のファウルでしか止められなかったことを描写している。

 久保は後半18分から右サイドハーフにポジションを移した後も、攻撃の起点として機能。同31分には右サイドでパスを受け、カットインから相手最終ライン裏に抜け出したFWフェルナンド・ニーニョの動きを見逃さず、パーフェクトな浮き球パスを通したが、シュートは枠を捉えられなかった。

 同37分にベンチへ下がった久保だが、ここまでの4試合で最も多くの見せ場を作ったのは事実。最後のプレシーズンマッチとなる5日のレバンテ戦、そして日本代表FW岡崎慎司との“日本人対決”となる13日のウエスカとのリーガ・エスパニョーラ開幕戦に向けて、弾みをつけるパフォーマンスとなったのは間違いない。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング