リバプール“初得点”の南野拓実、英メディア採点でチーム最高評価 「光り輝く出場に…」

リバプールMF南野拓実が嬉しい移籍後初ゴール【写真:AP】
リバプールMF南野拓実が嬉しい移籍後初ゴール【写真:AP】

アーセナル戦に途中出場し値千金の同点ゴール、チーム単独最高点で称賛

 リバプールの日本代表MF南野拓実は現地時間29日、新シーズンの幕開けを告げるコミュニティー・シールドのアーセナル戦に後半14分から途中出場すると、待望の公式戦初ゴールを記録した。試合こそ1-1で迎えたPK戦の末に4-5で敗れたものの、英衛星放送「スカイ・スポーツ」の採点ではチーム内単独トップの高評価を得ている。

 この日リバプールは、キャプテンのイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンと同DFトレント・アレクサンダー=アーノルドが負傷のためベンチ外に。開始早々にオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクが、ヘディングでゴールネットを揺さぶったもののオフサイドで得点が認められず、逆に前半12分に相手エースFWピエール=エメリク・オーバメヤンに鮮やかなミドルシュートを決められ、1点を追う展開となった。

 この状況で仕事をしたのが、後半14分に投入された南野だった。同28分、エジプト代表FWモハメド・サラーの持ち運びからペナルティーエリア内で構えるブラジル代表FWロベルト・フィルミーノへと渡し、ダイレクトで南野へつなぐ。南野はワンタッチでサラーへとパスを送ろうとするが、相手DFに当たり、ゴール前にボールがこぼれる。すかさず反応した南野が右足で押し込んで、貴重な同点弾を奪い取った。

 試合はこのまま1-1で90分間を終え、PK戦を4-5で落とし、アーセナルに敗れる結果となった。しかし同メディアの採点では、同点ゴールを奪った南野に10点満点中8点とチーム内最高評価が与えられ、寸評においても次のように称賛されている。

「ベンチから出てきた南野は本当に光り輝く出場となり、その結果として彼はリバプールでの初ゴールを記録した。ゴールの前にも巧みにフリーキックを奪取していた」

 昨シーズンは冬の移籍加入ということもあって、チーム順応のプロセスのなかで南野は公式戦無得点に終わった。しかし今季初の公式戦でいきなりゴールという結果を残し、2年目のスタートとしては最高のものとなった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング