ザーゴ監督、内田篤人ラストゲームで涙 「彼がどれだけ愛されている人か分かる」

鹿島のザーゴ監督【写真:小林 靖】
鹿島のザーゴ監督【写真:小林 靖】

前半16分に広瀬が負傷して急遽出場 現役ラストゲームは74分間プレー

 鹿島アントラーズは23日、J1リーグ第12節でガンバ大阪と対戦。現役引退を発表した元日本代表DF内田篤人は前半16分から途中出場したなか、現役ラストゲームは1-1のドローで終えた。試合後、ザーゴ監督は感極まって涙をにじませるシーンがあった。

 G大阪戦で内田はベンチスタートとなったが、先制を許して迎えた前半16分にDF広瀬陸斗が負傷。担架で運び出される状況となり、ザーゴ監督は迷わず代役として内田の投入を決断した。

 ザーゴ監督の指示でMF三竿健斗が内田にキャプテンマークを託し、内田は慣れ親しんだ右サイドバックへ。MF倉田秋のパスにスライディングタックルを仕掛け、前半終了間際には右サイドを駆け上がってクロスを上げるなど、気迫あふれるプレーを見せた。

 後半、鹿島は攻撃のギアを上げる。同11分には内田の前線へのロングボールを起点にFWエヴェラウドがチャンスを迎えるもゴールならず。その後も内田は何度もサイドを駆け上がり、クロスを上げてG大阪ゴールに迫ったが、欲しい1点を奪えないまま時間が経過していった。

 鹿島はMF荒木遼太郎、MF染野唯月ら若手を投入するもゴールを奪うには至らず、敗戦かと思われた後半アディショナルタイム、荒木のクロスにDF犬飼智也が劇的なヘディングシュートを叩き込み、土壇場で同点に追いついた。

 試合後のフラッシュインタビューで、内田にキャプテンマークを渡すように伝えた意図を問われたザーゴ監督は、時折言葉を詰まらせながら、思いを明かした。

「怪我を負って自分がやろうとしていることをできなかったり、不甲斐なさがあって、僕は彼とはそこまで(長く)接していないですけど、この少ない期間で彼がどれだけこのクラブ、サポーターに愛されている人か分かる。日本のサッカー、このアントラーズのためにやり尽くした気持ちを我々が汲み取って、彼が今後歩む人生に、我々にもたらした幸せ以上のものがあることを祈ります」

 最後には、感極まって涙をにじませたザーゴ監督。G大阪の宮本恒靖監督も、「最後にするにはもったいないパフォーマンスだったんじゃないかと思う」と引退を惜しんでいた。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング