「この感情は言葉では言い表せない」 吉田麻也、「My brother」内田の現役引退に胸中吐露

引退を発表した鹿島アントラーズDF内田篤人とサンプドリアDF吉田麻也【写真:高橋 学 & Getty Imegas】
引退を発表した鹿島アントラーズDF内田篤人とサンプドリアDF吉田麻也【写真:高橋 学 & Getty Imegas】

同じ1988年組の吉田、日本代表で共闘した清武がツイートで感謝のメッセージ

 鹿島アントラーズの元日本代表DF内田篤人は、8月20日に今シーズン限りで現役を引退することが発表された。日本サッカー界を牽引してきた右サイドバックの決断に衝撃が駆け巡ったが、日本代表で共闘した同じ“1988年組”のサンプドリアDF吉田麻也は、「この感情は言葉では言い表せないよ」と複雑な胸中を語った。

 内田は2006年に清水東高から鹿島アントラーズ入り。クラブ史上初の高卒ルーキーでの開幕スタメンを果たすなど1年目から28試合に出場し、瞬く間に主力選手に上り詰めた。07~09年にはJ1リーグ3連覇に貢献し、2010年7月にドイツへ移籍した。

 シャルケでは計7シーズン戦い、2010-11シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)でクラブ史上初、日本人としても初めてのベスト4進出に貢献。CLにおいては通算2387分(29試合)プレーと日本人史上最長の出場時間を記録した。

 しかし、2015年3月に右膝の膝蓋腱を負傷以降は怪我に苦しんだ。2015-16シーズン、16-17シーズンは公式戦に1試合も出場できず、17-18シーズン途中にドイツ2部ウニオン・ベルリンへ移籍したが、左太ももの肉離れもありリーグ戦2試合の出場に終わった。

 2018年に鹿島復帰したが、その後も怪我に苦しみ、今季リーグ戦は第2節・川崎フロンターレ戦(1-2)に出場しただけだった。

 8月20日に現役引退と23日のガンバ大阪戦で引退の挨拶を行うことが発表されたなか、2010年から日本代表で共闘し、2014年のブラジル・ワールドカップにも一緒に出場した吉田は21日にツイッターで率直な思いを綴った。

「My brother、この感情は言葉では言い表せないよ。ありがとう」

 内田のほうが一学年上ながら同じ1988年生まれ。2015年以降、日本代表での共闘はなかったが、で数々の経験を共有してきた2人だからこその思いだろう。

 また1989年生まれのセレッソ大阪MF清武弘嗣も「篤人くん、ありがとうございました。俺の心の支えでした。辛い時常にいてくれて、連絡くれて、ゲームの相手してくれて、一緒にリハビリもして、、、思い出ありまくりです。感謝」と熱いツイートを投稿している。

 内田はファンのみならず、選手たちからも愛される存在だった。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング