「魔法の瞬間を見よ」 ネイマール、“最高級バックヒール”に英注目「度肝を抜くアシスト」

パリ・サンジェルマンFWネイマールの華麗なアシストに注目【写真:AP】
パリ・サンジェルマンFWネイマールの華麗なアシストに注目【写真:AP】

PSGがライプツィヒを3-0で撃破 史上初のCL決勝進出 ネイマールが華麗なアシストを披露

 パリ・サンジェルマン(PSG)は現地時間18日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝でRBライプツィヒを3-0で破り、クラブ史上初の決勝進出を果たした。ブラジル代表FWネイマールは攻撃陣をけん引する活躍を披露したが、英メディアは追加点のお膳立てを「度肝を抜くアシスト」と称賛している。

 今大会はベスト8から一発勝負の形式となっており、悲願の欧州制覇を目指すPSGは、負傷明けのフランス代表FWキリアン・ムバッペを先発起用。累積警告で準々決勝アタランタ戦(2-1)を欠場していたアルゼンチン代表FWアンヘル・ディ・マリアもスタメンに復帰し、ネイマールを中央に置く強力な3トップをピッチに送り込んだ。

 試合は開始早々の前半6分にムバッペのスルーパスに抜け出したネイマールが相手GKとの1対1の局面で右足のシュートは右ポストを直撃して決定機を逃すも、同13分に左サイドでFKを得た場面でキッカーのディ・マリアが内側に巻くボールを放り込み、裏に抜け出したマルキーニョスが頭で流し込んで先制に成功した。

 そして、1-0のリードで迎えた前半42分、ブラジル人アタッカーが華麗なアシストを演出する。相手GKのパスミスからカウンターの場面となると、ペナルティーエリア右に走り込んだネイマールが背後からの浮き球のパスに対して、華麗な左足の落としで守備陣の裏をつき、フリーとなったアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアの追加点をお膳立てした。

 英メディア「GIVE ME SPORT」は「ネイマールはディ・マリアに向け、度肝を抜くアシストを演出した」と見出しを打ち、「常に脅威であり、ナーゲルスマンの選手たちにとって程の得ない存在だった。ディ・マリアへのアシストでサポーターを驚かせた」と取り上げている。

 記事では、「最高のバックヒールのタッチを披露した。魔法の瞬間を見よ。純粋な一級品だ。これまでのキャリアで最高の試合の一つを演じた」と称賛の言葉を送っている。PSGに移籍して3年目を迎えたが、今まさにパリでの絶頂期が訪れているのかもしれない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング