ネイマール、相手の徹底的な“包囲網”に海外注目 イニエスタ、メッシ、マラドーナも…

パリ・サンジェルマンFWネイマールへの包囲網に注目【写真:AP】
パリ・サンジェルマンFWネイマールへの包囲網に注目【写真:AP】

PSGはライプツィヒを3-0で撃破 クラブ史上初となるCL決勝に進出

 パリ・サンジェルマン(PSG)は現地時間18日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝でRBライプツィヒを3-0で破り、クラブ史上初の決勝進出を果たした。ブラジル代表FWネイマールはこの試合でも攻撃陣を牽引して存在感を放ったが、海外メディアはライプツィヒの守備陣に囲まれる10番の姿に脚光を当てている。

 新型コロナウイルスの影響により、ベスト8からはポルトガルでの集中開催となる今大会は、本来のホーム&アウェー方式ではなく、一発勝負とこれまでにない異例の形式となっている。悲願の欧州制覇を目指すPSGは、負傷明けのフランス代表FWキリアン・ムバッペを先発起用し、ネイマールとの“最強コンビ”をピッチに送り込んだ。

 試合は開始早々の前半6分、ムバッペのスルーパスに抜け出したネイマールが相手GKとの1対1の局面で右足のシュートは右ポストを直撃し、決定機を逃す。それでも、1-0で迎えた同42分に相手GKのパスミスからカウンターの場面で、浮き球のパスにネイマールが華麗な落としで守備陣の裏をつき、フリーとなったアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアの追加点を演出した。

 PSGは最終的に3点差の快勝を収めたが、英衛星放送「BTスポーツ」は「何人かの選手は、他の選手よりも手数をかけて防がれる」と文章を添え、ネイマールがライプツィヒの3選手に囲まれる写真を投稿。さらに、ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、そして“生ける伝説”ディエゴ・マラドーナ氏が過去に相手守備陣に囲まれたワンシーンも並列している。

 これまでも、チームの鍵を握る選手に対し、対戦相手は人数を割いて徹底的なマークを見せるシーンが注目を集めてきたが、相手守備陣に“包囲網”を形成されることも、スーパースターの証と言えるのかもしれない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング