「ボールを少しだけ蹴れました」 小野伸二、リハビリ中の“繊細タッチ”にファン興奮

FC琉球MF小野伸二がボールでの練習を徐々に再開【写真:©FC RYUKYU】
FC琉球MF小野伸二がボールでの練習を徐々に再開【写真:©FC RYUKYU】

リハビリ中の新たな様子を公式SNSで公開、ボールを使ったメニュー再開を報告

 J2のFC琉球に所属する元日本代表MF小野伸二が、自身の公式インスタグラムを更新した。現在、右膝負傷によるリハビリに励むなか、ボールを使ったメニューを再開したことを報告し、「嬉しすぎ~」と自らの思いも綴っている。

 小野は1998年に静岡の清水商業高校(現・清水桜が丘高校)から浦和レッズに加入。その後は、オランダ1部フェイエノールトやドイツ1部ボーフム、オーストラリア1部ウェスタン・シドニー・ワンダラーズでの海外挑戦も経験し、昨年8月からは琉球でプレーしている。

 今年9月で41歳を迎えるなか、今季リーグ戦ではここまで5試合に出場(途中出場4試合)。7月25日の第7節愛媛FC戦(1-1)で今季初めて先発のピッチに立ったが、わずか7分で無念の負傷交代。診断の結果、右膝の内側側副靱帯損傷で全治6~8週間とされ、現在はリハビリに励んでいる。

 小野は自身の公式インスタグラム上でリハビリの様子を公開しており、これまでは軽やかなダッシュやステップを披露していたなか、新たな投稿ではボールを使ったメニューを再開したことを報告している。

「ボールを少しだけ蹴れました 嬉しすぎ~」と綴られた投稿に添えられた動画では、足元に投げたボールを両足のインサイドキックで交互に返す様子を公開。ハッシュタグ付きで「サッカー」「楽しむ」「ボールは友達」「嬉しすぎ」と記すなど、ようやくボールに触れられた嬉しさを吐露している。

 リハビリ中ながらも、ボールを的確に扱う小野の技術は健在で、投じられたボールを繊細なタッチで返している。これにはファンも興奮気味に反応しており、コメント欄には「ボールタッチスゴいね!」「やっぱり世界の小野は柔らかいタッチですね!」「流石!小野!バランスリズムが良い!」「ボールあつかっている小野選手を見ると、こちらまで元気が湧いてきます」など、テクニックを称賛する声が相次いで寄せられていた。

 戦列に戻るまでもうしばらく時間を要しそうだが、復帰に向けたリハビリはいたって順調なようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング