小野伸二、軽やかなダッシュ姿披露! 順調なリハビリ風景にファン安堵「少しずつピッチレベルに…」

FC琉球に所属する小野伸二が公式インスタグラムでリハビリの様子を公開【写真:©FC RYUKYU】
FC琉球に所属する小野伸二が公式インスタグラムでリハビリの様子を公開【写真:©FC RYUKYU】

小野伸二が公式インスタグラムでリハビリの様子を公開

 J2のFC琉球に所属する元日本代表MF小野伸二が、自身の公式インスタグラムを更新した。懸命なリハビリの様子を公開。軽やかなダッシュやステップを披露しており、ファンが復帰を待ち望んでいる。

 小野は、1998年に浦和レッズに入団。オランダ1部フェイエノールトやドイツ1部ボーフムにも在籍し、浦和への復帰も挟みながら、2010年には清水エスパルスへ加入した。12年からオーストラリア1部ウェスタン・シドニー・ワンダラーズでのプレーを経て、14年から北海道コンサドーレ札幌に加入。5年半を過ごした思い入れのあるクラブを昨年8月に離れ、現在は琉球で奮闘している。

 今季の開幕戦となった2月23日のジェフユナイテッド千葉戦(0-1)は、後半35分から出場。今年41歳を迎えるファンタジスタの活躍が期待されているなかで、Jリーグは新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、公式戦が中断を強いられた。小野は中断期間に3月下旬から「未来のちびっこ達に夢を」と題して、自身の公式インスタグラムに様々な動画を投稿したり、華麗な技術を披露。再開戦となった6月28日の第2節アビスパ福岡戦(1-1)はベンチで出場はなかったが、次の第3節ギラヴァンツ北九州戦(0-4)には途中出場していた。

 途中出場から出番をつかんでいた小野は、7月25日の第7節愛媛FC戦(1-1)で今季初めて先発のピッチに立った。だが、わずか7分で無念の負傷交代。右膝の内側側副靱帯損傷で全治6~8週間と診断された。

 それでも、懸命にリハビリに励んできた小野。公式インスタグラムでは、その様子を公開しており、人工芝の上で軽いダッシュやステップを動画で披露している。

「今週から加速走や横の動きをチャレンジ 痛みもリバウンドもなく順調 そして10分間連続でジョギングも さぁ少しずつピッチレベルに入れそう #リハビリ #焦らず #少しずつ前に」

 順調に回復しているようで、ファンからは「1日でも早く小野選手のプレーが観れる事を願ってます」「我らのヒーロー!!」「走ってる姿見たらめっちゃ嬉しくなりました!!」とコメントが集まった。猛暑のなか過密日程は続くが、J屈指のファンタジスタがピッチに戻ってくることをファンは願っている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング