鳥栖・金明輝監督が新型コロナ陽性 濃厚接触者スタッフ3人を隔離…全員PCR検査実施

サガン鳥栖の金明輝監督【写真:Getty Images】
サガン鳥栖の金明輝監督【写真:Getty Images】

鳥栖の金明輝監督が新型コロナウイルス感染症で陽性判定

 サガン鳥栖は11日、クラブの公式ホームページで金明輝監督に新型コロナウイルス感染症の陽性判定が出たと発表した。8日の昼から体調不良に陥り、9日の朝は36.4度だったものの、倦怠感があり、夜に38度の発熱。10日にPCR検査を受け、この日の午後3時に陽性判定を受けた。

 陽性判定者以外にトップチームの選手、スタッフで新型コロナウイルス感染症や風邪の症状等を訴えているものはいないという。金明輝監督は平熱(36.3℃)に戻っているものの、佐賀県内の病院に入院し体調回復に努めている。

 現在は、保健所の指導のもとスタッフ3人の濃厚接触者の隔離、クラブハウスの消毒等を行っており、選手には濃厚接触者はいないものの、念のために11日にPCR検査をトップチーム及びクラブスタッフ、アカデミースタッフ全員実施している。

 鳥栖は12日にサンフレッチェ広島と敵地でのルヴァンカップを控えており、15日にはホームでガンバ大阪との対戦が予定されている。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング