バルサFWメッシ、圧巻の5人翻弄弾に海外メディア称賛 「2020年最大のハイライト」

バルサFWメッシが決めたスーパーゴールが「第2戦ベストゴール候補」にノミネート【写真:AP】
バルサFWメッシが決めたスーパーゴールが「第2戦ベストゴール候補」にノミネート【写真:AP】

メッシがCLナポリ戦で相手に囲まれながらゴールをこじ開ける圧巻の個人技

 バルセロナは現地時間8日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)ベスト16第2戦のナポリ戦で3-1と勝利し、2戦合計スコア4-2で準々決勝へ駒を進めた。エースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、5人に囲まれながらネットを揺らす圧巻の個人技弾で勝利に貢献したが、CL公式インスタグラムが選ぶ「第2戦ベストゴール候補」にノミネートされ注目を集めている。

 前半10分に幸先良く先制して迎えた同23分、メッシが驚きの一撃を見せる。右サイドでボールを受けると、非常に細かなタッチで相手DF3人を幻惑。3人目を抜いた際にはバランスを崩して倒れ込んだものの、すぐ体勢を立て直すとシュートブロックに入った2人の隙間を狙いすましてコントロールシュートを放つ。これがゴール左隅に突き刺さり、貴重な追加点となった。

 前半アディショナルタイムにウルグアイ代表FWルイス・スアレスのPKで追加点を奪ったバルセロナは、直後にPKでナポリに1点を返されたものの、相手の反撃を抑えて3-1で勝利。2戦合計スコア4-2で13シーズン連続のベスト8進出を果たした。

 CL公式インスタグラムは、ベスト8の顔ぶれが出揃ったところで「ベスト16第2戦のベストゴール候補」を選出。前日に飛び出したユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドの左足での20m弾丸シュート、メッシの5人翻弄弾、バイエルンFWロベルト・レバンドフスキの豪快ヘディング弾、レアル・マドリードFWカリム・ベンゼマのヘディング弾がノミネートされた。

 投稿のコメント欄ではロナウド推しの声が多いなかで、米メディア「SB NATION」は「2020年最大のスポーツハイライト」と見出しを打ち、「5人のナポリのディフェンダーをわずかなスペースの中でかわし、自身が世代最高のアスリートである理由を再認識させた。メッシの伝説的なキャリアの中でも最も壮観なゴールの一つだ」とメッシを推薦。ゴール一つ取ってもメッシ対ロナウドの構図となり、改めてライバル関係に脚光が当てられている。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング