「誰もがタクミを愛しているわけではない」 南野の“評価分断”を英紙指摘「前途有望だが…」

ニューカッスル戦にスタメン出場をしたリバプールMF南野拓実【写真:AP】
ニューカッスル戦にスタメン出場をしたリバプールMF南野拓実【写真:AP】

ニューカッスル戦で8試合ぶりの先発出場を飾るも…初ゴールは来季に持ち越し

 リバプールの日本代表MF南野拓実は現地時間26日、プレミアリーグ最終節のニューカッスル戦(3-1)に先発出場した。後半19分に途中交代するまで印象的なプレーを披露していたが、英メディアは「誰もがタクミ・ミナミノを愛しているわけではない」と見出しを打ち、英国内で南野の評価が分かれていることを指摘している。

 第31節消化時点で30年ぶりのリーグ制覇を決めたリバプールだが、その後も継続して主力メンバーを起用。しかし、プレミア歴代最多勝ち点「100」の記録更新の可能性が潰えたこともあり、最終節のニューカッスル戦では大幅なメンバー変更を施し、8試合ぶりに先発を飾った南野は左ウイングに配置された。

 前半29分、南野は左サイドからパスを受けて鋭い反転で相手DFを振り切ると、ペナルティーエリア手前から右足を一閃。強烈なミドルシュートは枠を捉えるも、相手GKの好セーブに阻まれ、本人も悔しげな表情を浮かべていた。ゴールを奪えないまま後半19分にピッチを退くも、出場した試合の中でもとりわけインパクトを残すパフォーマンスを示した。

それでも、英地元紙「リバプール・エコー」は「ファン・ダイクは際立った存在だったが、誰もがタクミ・ミナミノを愛しているわけではない」と見出しを打ち、ニューカッスル戦でも無得点に終わった南野に対し、英メディアの中でも評価が分かれていると指摘している。

 また、同メディアは公式ツイッターでも「前途有望なパフォーマンスだったが…誰もが同意しているわけではない」と投稿している。英国内で評価を得るためにも、来季の早いタイミングで結果を出したいところだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング