先発出場の南野、初ゴールは来季に持ち越し…  王者リバプールが最終節で逆転勝利締め

リバプールMF南野拓実【写真:AP】
リバプールMF南野拓実【写真:AP】

リバプールはニューカッスルに2-1で勝利 南野は左ウイングで先発出場も今季はノーゴールに終わる

 リバプールは現地時間26日にプレミアリーグ最終節でニューカッスルと対戦し、敵地で3-1と逆転勝利を収めた。日本代表MF南野拓実は8試合ぶりに先発出場するも、後半16分に交代し、移籍後初ゴールは来季に持ち越しとなった。

 第31節消化時点で30年ぶりのリーグ制覇を決めたリバプールだが、その後も継続して主力メンバーを起用。しかし、プレミア歴代最多勝ち点「100」の記録更新の可能性が潰えたこともあり、最終節では大幅なメンバー変更を施し、南野は左ウイングに配置された。

 試合は開始25秒で失点を喫する展開となったが、前半29分、左サイドからパスを受けた南野が鋭い反転で相手DFを振り切ると、ペナルティーエリア手前から右足を一閃。強烈なミドルシュートは枠を捉えるも、相手GKのジャンピングセーブに阻まれて惜しくもゴールとはならなかった。得点の手応えがあったのか、南野も悔しげに叫び声を上げていた。

 前半38分に右サイドのクロスをオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクが頭で合わせて前半を折り返すと、後半14分に逆転弾を奪う。左サイドでボールを持ったベルギー代表FWディボック・オリギがカットインして右足を振り抜く。ペナルティーエリアに走り込んでいた南野が咄嗟にしゃがんでシュートをかわすと、ボールはそのままゴール右に突き刺さった。

 その直後の後半16分にユルゲン・クロップ監督は主力組のセネガル代表FWサディオ・マネ、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ、エジプト代表FWモハメド・サラーの強力3トップをピッチに送り込み、南野はピッチを去った。後半43分にマネが追加点を奪い、3-1の逆転勝利で今季を締め括ったが、南野の移籍後初ゴールは来季に持ち越しとなった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング