南野、最終節ニューカッスル戦で8試合ぶり先発! ラストゲームで待望の初ゴールなるか

プレミアリーグ最終節でMF南野拓実がスタメン出場【写真:AP】
プレミアリーグ最終節でMF南野拓実がスタメン出場【写真:AP】

南野は3トップの一角として先発出場へ、移籍後初ゴールに期待

 リバプールは現地時間26日、プレミアリーグ最終節でニューカッスルとの対戦を控えている。今季のラストゲームとなるが、日本代表MF南野拓実は8試合ぶりに先発メンバーに名を連ねており、3トップの一角として起用されそうだ。

 第31節消化時点で30年ぶりのリーグ制覇を決めたリバプールだが、プレミア歴代最多勝ち点「100」の記録更新を目指すため、優勝決定後も主力メンバーを起用し続けていた。それもあり、南野は7試合連続のベンチスタートとなっていた。

 しかし、第36節アーセナル戦(1-2)で敗れ、新記録樹立の可能性は消滅。ホーム最終戦の第37節チェルシー戦(5-3)は勝利で優勝セレモニーに華を添えたため、リバプールはニューカッスル戦では7人の選手を入れ替え、南野が3トップの一角として先発に抜擢されることになった。

 中断明けも第30節エバートン戦(0-0)以降、先発の機会に恵まれず、試合終盤の途中出場が大半だった南野。今季ラストゲームで手にした絶好のチャンスを物にすることができるか、注目が集まる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング