冨安、「ファンタスティック」な初得点も…伊紙は辛めの評価 「ゴールだけが合格」

ミランと対戦したボローニャDF冨安健洋【写真:Getty Images】
ミランと対戦したボローニャDF冨安健洋【写真:Getty Images】

ミラン戦で豪快な左足ミドルを決めたものの、チームは1-5の大敗を喫する

 セリエAボローニャの日本代表DF冨安健洋は現地時間18日、ACミラン戦に先発出場。セリエA初ゴールとなる豪快なミドルシュートを決めたが、試合には1-5と大敗を喫した。イタリア各紙はゴールを評価する一方、ディフェンス面には辛めの評価となっている。

 冨安は右サイドバックとして敵地での名門ミラン戦に臨んだが、チームは前半24分までに2失点。厳しい状況に追い込まれたなか、同44分に攻撃参加した冨安は、ペナルティーエリア手前でボールを受ける。ここで左足を振り抜くと、強烈なシュートがゴールネットに突き刺さり、1点差に迫るリーグ戦初ゴールとなった。

 しかし試合は後半、さらに3失点を喫したボローニャが1-5の完敗。同12分には冨安がマークしていたFWアンテ・レビッチに、鮮やかな反転からシュートを決められている。

 この試合を受け、イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は冨安の採点を「6」として「ゴールだけが合格」とやや辛辣な評価を下した。同「コリエレ・デロ・スポルト」は同じく「6」と採点。「レビッチのどこをつかんでいいのか分からず、やられてしまった」としたうえで、「ファンタスティックなゴールだった」と弾丸ミドルには高い評価を与えている。

 今季は残り4試合となったなか、冨安にとっては記念すべき初ゴールと大敗の悔しさが同時にやってくる一戦となった。「ガゼッタ・デロ・スポルト」では来季に向けてボローニャが右サイドバックを獲得し、冨安を本職であるセンターバックで起用する方針とも報じられており、ラスト4試合でのプレーは来季の構想にも影響を与える可能性もありそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング