札幌MF荒野、一発退場の“憤慨キック”が反響拡大 英アナリスト指摘「愚か」「不必要」

札幌MF荒野拓馬【写真:Getty Images】
札幌MF荒野拓馬【写真:Getty Images】

前半32分、競り合い直後のプレーで仙台MF関口を蹴り上げる衝撃の暴力行為

 北海道コンサドーレ札幌のMF荒野拓馬が、18日のJ1第5節ベガルタ仙台戦(2-2)で相手選手を蹴り上げて一発退場。英国人アナリストも「愚か」「不必要」と一刀両断している。

 試合は前半23分、仙台がFWジャーメイン良の一撃で先制。そして、問題の場面はその9分後に起きた。仙台MF関口訓充と荒野が空中で激しく競り合い、両者がもつれながら地面に着地。その直後、荒野が関口の腕を払いながら右足で体を蹴りつけた。

 主審が試合を止めて荒野のレッドカードを提示。一発退場に納得がいかない様子の荒野は審判に食って掛かり、両チームの選手が仲介に入るも感情を露わにしていた。

 数的不利となった札幌は、後半15分にもMF椎橋慧也に被弾。それでも直後の後半17分にタイ代表MFチャナティップが決めて1点差に詰め寄ると、後半アディショナルタイムにDF田中駿汰が同点ゴールを決めて2-2のドローに終わった。

 札幌のクラブ公式ツイッターで荒野の退場が速報された投稿には、「主審の目の前はあかん」「蹴っちゃダメだよ…」「ボール蹴ろうぜ!!」とファンからも声があがっていたが、フットボールのベットに関してアドバイスを行う英大手プロバイダー「フットボール・レーダー」でアナリストを務めるサム・ロブソン氏は自身のツイッターでこのように綴った。

「仙台で一触即発。激怒したタクマ・アラノがコンサドーレ戦で退場。ハイボールに挑戦し、セキグチに幼稚なキックを見舞う。愚かで不必要だ」

 試合は結果的にドローだったが、荒野のプレーは明らかな暴力行為(公式記録もS2「乱暴な行為」扱い)だけに波紋を呼びそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング