バルサ、3連覇遠のく痛恨ドロー 苦境の指揮官、“解任”報道には「全く脅かされていない」

解任報道もあるバルセロナのセティエン監督【写真:Getty Images】
解任報道もあるバルセロナのセティエン監督【写真:Getty Images】

アトレティコに2-2で2戦連続ドロー セティエン監督「我々にとってますますの困難」

 バルセロナのリーガ・エスパニョーラ3連覇は、極めて厳しい状況となった。現地時間6月30日に開催された第33節アトレティコ・マドリード戦、ホームに難敵を迎えたなかでアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのキャリア通算700ゴール目が生まれるなど2得点を挙げたものの、最終的には2-2と2試合連続のドロー。試合後、キケ・セティエン監督は「私は脅威に晒されていない」と解任危機報道にクギを刺したと、スペイン紙「マルカ」が報じている。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 試合は前半11分、メッシの右からのCKが相手FWジエゴ・コスタに当たって軌道が変わり、ゴールラインを越える。ラッキーなオウンゴールで先制したものの、その4分後にはチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルがペナルティーエリア内でMFヤニック・カラスコを倒してPKを献上。1本目のPKこそドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンが止めたものの、コスタが蹴る前にゴールラインの前に出たとしてPK蹴り直しとなり、MFサウール・ニゲスが決めて同点となった。

 是が非でも勝ち点3が欲しいバルサは、後半3分にDFネルソン・セメドがPKを獲得すると、キッカーのメッシが相手GKを嘲笑うかのようなループシュートでキャリア通算700ゴール目をゲット。貴重な勝ち越し点になるかと見られた。しかし同16分に、今度はセメドがペナルティーエリア内でカラスコにファウルをしたとして、2度目のPK判定が下る。再びキッカーを務めたサウール・ニゲスが2点目をねじ込み2-2。このままのスコアでタイムアップを迎えた。

 無観客とはいえ、本拠地カンプ・ノウで勝ち点3を取り逃がしたバルサ。後日行われるレアル・マドリードの試合結果によっては勝ち点差が「4」まで開く状況になり、現地メディアでも“シーズンは終わった”と見る向きが多い。「残念だ。我々にとってますますの困難だ。勝ち点1にとどまったのは、タイトルからさらに離れたことを意味する」とセティエン監督も苦境を認めている。その一方で、自身の去就については「全く脅かされているとは感じない」と強調した。

 バルサはここに来て首脳陣とメッシの不和が報じられるなど、チーム内のゴタゴタがクローズアップされている。セティエン監督は8月に予定されているUEFAチャンピオンズリーグ(CL)を含めて、異例の日程となるシーズンの中でチームを立て直すことはできるのだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド