「大迫がチームを救う」 殊勲の大迫、自動降格回避の“救世主”に海外称賛「夢を実現させた」

ブレーメンFW大迫勇也が2ゴール1アシストの活躍【写真:Getty Images】
ブレーメンFW大迫勇也が2ゴール1アシストの活躍【写真:Getty Images】

最終節で大迫が2ゴール1アシストの大爆発 ブレーメンは土壇場で自動降格を回避

 ブレーメンは現地時間27日、ブンデスリーガ最終節でケルンと対戦し、6-1の快勝を収めた。先発を飾った日本代表FW大迫勇也はこの日2ゴール1アシストと殊勲の活躍を披露し、チームは土壇場で自動降格を回避し、残留プレーオフへ回ることが決まった。海外メディアは「大迫がチームを救う」「大迫がブレーメンの夢を実現させた」と取り上げている。

 勝ち点「28」で17位に沈むブレーメンは、引き分けでも自動降格が決定する絶体絶命の状況で最終戦を迎えたが、日本人アタッカーが救世主として名乗りを上げる。前半22分、ゴール前に構えていた大迫がMFマキシミリアン・エッゲシュタインの鋭い縦パスを巧みに足元に収めると、右足でゴール右上を射抜き、先制点を奪う。

 さらに前半27分にFWミロト・ラシカの追加点をアシスト。チームはその後も怒涛のゴールラッシュを見せると、4-0で迎えた後半13分、大迫が右サイドのクロスを右足のダイレクトシュートでゴールに叩き込み、2得点目をマーク。ブレーメンは6発の圧勝を収め、同時間に16位デュッセルドルフがウニオン・ベルリンに0-2で敗れたため、最終節で自動降格を回避した。

 チームの救世主となった大迫に対し、海外メディアも注目。ドイツ紙「ビルト」は先制点について「大迫がオフサイドを掻い潜り、見るに値する一撃を右上に叩き込んだ」と速報すると、ペルー紙「エル・コメルシオ」は「大迫がチームを救う」と見出しを打って取り上げている。

 衛星放送「FOXスポーツ」アルゼンチン版は公式ツイッターで「大迫がブレーメンの夢を実現させた。日本人がエリア内に1人で現れ、素晴らしい一撃を打ち込んだ」と投稿している。大迫は2戦3ゴールと終盤で爆発を見せた。

 ブレーメンは16位浮上で自動降格を回避し、7月2日と6日に行われる昇格・降格プレーオフを戦う。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング