チェルシーFWペドロ、新天地はローマに決定か 現地で「家探し」とイタリア紙報道

元スペイン代表FWペドロ・ロドリゲス【写真:Getty Images】
元スペイン代表FWペドロ・ロドリゲス【写真:Getty Images】

今季限りで契約の切れるペドロ、ローマと2年契約締結が濃厚

 イングランド・プレミアリーグで今季終了後に契約が切れる元スペイン代表FWペドロ・ロドリゲスが、イタリア・セリエAの強豪ローマへ加入することが確実になったという。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

 今季は新型コロナウイルスの影響でシーズンが中断したことで、普段の6月末ではなく8月末まで終了が延びることが確実になっている。その期間の契約は当事者間の交渉にゆだねられるが、ペドロはすでに2カ月間の契約延長には合意したとされる。

 一方で、その後の去就はゼロ円移籍が確実。そして、同紙では正式発表こそされていないもののすでにペドロはローマで家探しを行っており、交渉の成立は確実と報道。そのうえで、2年契約をローマと結ぶ可能性が高いと伝えられている。

 過去にもイタリア紙の「家探し」スクープは移籍成立の可能性が高いものとして知られてきた。そうした意味では、ペドロの新天地がローマと発表されるのも時間の問題と言えるのかもしれない。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング