ゲッツェがドルトムントと「寂しい別れ」 今季限りで退団、最終節も欠場と独紙報道

今季限りでドルトムント退団が決まっているMFマリオ・ゲッツェ【写真:Getty Images】
今季限りでドルトムント退団が決まっているMFマリオ・ゲッツェ【写真:Getty Images】

直近5試合で出場なし、ホッフェンハイムとの最終戦も欠場の見込み

 今季限りでドルトムントからの退団が決まっているドイツ代表MFマリオ・ゲッツェは、今季ブンデスリーガ最終節ホッフェンハイム戦も欠場の見込みで、5月26日のバイエルン・ミュンヘン戦(0-1)を最後にクラブに別れを告げることになったようだ。ドイツ地元紙「ルール・ナハリヒテン」が「寂しい別れ」と報じた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ゲッツェはユルゲン・クロップ監督時代にリーグ制覇に貢献するも、2013年に宿敵バイエルン・ミュンヘンへ移籍。16年に復帰するも、17年には代謝障害に悩まされるなどコンディション不良に陥った。今季はここまでリーグ戦15試合の出場(3得点)にとどまり、その大半が途中出場とチーム内での序列も下がっていた。

 そして今年5月、クラブとの話し合いの末に今季限りで退団することが決定。移籍先についてはまだ明らかになっていない。今のところ、5月26日に行われたブンデスリーガ第28節のバイエルン戦が最後に出場した試合で、直近5試合は欠場が続いている。

 ゲッツェは今月5日に出産した妻への付き添いでチームを離れた。その後に新型コロナウイルスの感染予防プロトコルに従って隔離生活の必要があったため、3週間チームトレーニングを行っていない状況で、最終節も欠場となる見通しだ。

「ルール・ナハリヒテン」紙は「寂しい別れになる」と、ゲッツェの退団を報じている。1カ月間プレーから離れたまま、静かに退団の時を迎えることになりそうだ。


(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」