「C・ロナウドの前に立ちはだかった」 冨安のマッチアップを現地評価「遜色なく戦い抜いた」

C・ロナウドと激しく競り合う冨安【写真:Getty Images】
C・ロナウドと激しく競り合う冨安【写真:Getty Images】

首位ユベントスに敗れるも… 冨安の出来に一定評価 「疑う余地なく良かった」

 ボローニャの日本代表DF冨安健洋は現地時間22日、セリエA第27節のユベントス戦で先発フル出場を果たしたが、チームは0-2で敗れた。それでも、相手エースのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとのマッチアップにイタリアメディアは注目し、「この日本人はなんとか遜色なく戦い抜いた」と評価している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 リーグ再開初戦がいきなり首位ユベントスとの大一番となったが、冨安はこれまでと同様、右サイドバック(SB)で先発を飾った。しかし、チームは前半23分、ロナウドにPKを決められ先制点を与えると、同36分にはアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラに強烈なミドル弾を叩き込まれ、黒星を喫した。

 試合を通してロナウドが左サイドに流れる場面が多く、右SBの冨安とマッチアップする展開が目立ったが、イタリアメディアはロナウドへの対応に一定の評価を与えている。イタリア地元メディア「Il Pallone Gonfiato」は「ロナウドの前に立ちはだかったが、この日本人はなんとか遜色なく戦い抜いた。何度かミスもあったが、運は悪くなかった」と称賛している。

 また、イタリア地元紙「ボローニャ・トゥデイ」は「ボローニャ最高の選手だった。パフォーマンスが突出していたわけではないが、疑う余地なく良かった」と賛辞を送っている。試合には勝てなかったものの、冨安は世界最高のアタッカーとのマッチアップで確かな好印象を与えたようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」