リバプールMF南野、プレミア初先発を海外メディア評価 「クオリティーの片鱗見せた」

エバートン戦で先発したリバプールMF南野拓実(左)【写真:Getty Images】
エバートン戦で先発したリバプールMF南野拓実(左)【写真:Getty Images】

米メディア採点で及第点の「6」、チーム平均点を下回る

 リバプールは現地時間21日、プレミアリーグ第30節エバートン戦で0-0と引き分けた。米スポーツ専門局「ESPN」は、リーグ戦初先発を飾り前半終了までプレーした日本代表MF南野拓実について、10点満点中「6点」を与えている。

 今季プレミアで首位を走るリバプールは、再開初戦でいきなりエバートンとの“マージーサイド・ダービー”と大一番を迎えた。エースのエジプト代表FWモハメド・サラーがコンディション不良のため、3トップの右ウイングに抜擢され、移籍後初めてリーグ戦で先発を飾った南野は、前半9分に相手陣内右寄りでボールを受けるとドリブルで運び、ペナルティーエリア外から右足を振り抜きゴールに迫る。

 さらに同34分、南野がハーフウェーライン付近での激しいプレスでボールを奪ったカウンターから、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノがビッグチャンスを迎えるも得点には至らず。南野はハーフタイムで途中交代となり、最終的にチームはスコアレスドローに終わっている。

 献身的でアグレッシブなパフォーマンスを見せた南野だが、「ESPN」はこの試合の選手採点で10点満点の6点を与え、寸評では「1月に加入した南野は、その動きやリンクアップでクオリティーの片鱗を見せた。しかしながら、アタッキングサードでの決断力は少し欠けていた」と記した。チームの平均採点が「6.69」だったことから、全体的にはやや低めの評価となっている。

 なお、チーム最高点はセネガル代表FWサディオ・マネで、この試合で唯一の「8点」評価。寸評では「エバートン守備陣のファウルを誘い、何度も賢く裏を取った」と称賛の言葉が送られていた一方で、「最終的には自分自身のチャンスは作り出すことはできなかった」とも綴られており、スコアレスドローに終わったことで攻撃陣全体が不完全燃焼な結果に終わったことが記されていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング