昨夏引退のロッベン、今冬に現役復帰を検討したと告白 「またスパイクを履きたくて…」

バイエルンなどのビッグクラブで活躍した元オランダ代表MFアリエン・ロッベン【写真:Getty Images】
バイエルンなどのビッグクラブで活躍した元オランダ代表MFアリエン・ロッベン【写真:Getty Images】

昨季限りで現役引退も…今年5月には本田が所属するボタフォゴが獲得に関心と報道

 昨年7月に現役を引退した元オランダ代表MFアリエン・ロッベン氏が、昨年12月頃に現役復帰を真剣に検討していたと、ドイツ誌「シュポルト・ビルト」が報じている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 右サイドからドリブルでカットインしてからの左足シュートを武器に、チェルシーやレアル・マドリード、バイエルン・ミュンヘンといったビッグクラブで数々のタイトルを獲得し、オランダ代表でも2010年南アフリカ・ワールドカップ(W杯)で準優勝、14年ブラジルW杯で3位入賞を果たすなど世界屈指のウインガーとして名を馳せたロッベン氏は、18-19シーズン終了後に現役引退を発表し、その偉大なキャリアに終止符を打っていた。

 しかし、ロッベン氏は現役への未練を完全に断ち切っていたわけではなかったようだ。同メディアの取材に対して「ほんの少しの間だけだったんだけど……」と前置きしたうえで、「去年の12月から今年1月にかけて、体の調子がすごく良かったから現役に復帰しようかと真面目に考えていた。最終的には戻らないことに決めて、それでこの話は終わったんだけどね」と語った。さらに「でも、またスパイクを履きたくて仕方なかったんだ」とも付け加えており、サッカーに対する抑えがたい感情が再び込みあがってきていたことを明かしている。

 ロッベン氏は、今年4月にバイエルンの練習に参加。現役プレーヤーたちと同じフィジカル系のメニューを難なくこなしていたことを同クラブが公式サイトで伝えており、体力面ではまだまだ第一線でプレーできるレベルにあると言える。

 加えて、5月には元日本代表MF本田圭佑の所属するボタフォゴの幹部が、現役復帰を打診していたことが明らかになるなど、今からでも純粋に戦力として計算できるという評価も得ている。本人の気持ち次第ではあるが、カムバックは現実的な話として十分にあり得ることかもしれない。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」