人種差別に“抗議”の意 ブンデス選手、試合前にメッセージ付きTシャツ、腕章着用

ドルトムントの選手たちがメッセージTシャツを着用してウォーミングアップ【写真:Getty Images】
ドルトムントの選手たちがメッセージTシャツを着用してウォーミングアップ【写真:Getty Images】

アメリカで起きた黒人暴行死事件を受け、ピッチ上で“抗議”メッセージ

 アメリカで起こった警察官による黒人暴行死事件はスポーツ界においても大きなうねりとなっている。各有名アスリートによる抗議活動が行われるなかで、現地時間6日に開催されたドイツ・ブンデスリーガでも多くのクラブや選手がピッチ上で行動に移したと英公共放送「BBC」が報じている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ミネソタ州ミネアポリスで黒人男性のジョージ・フロイドさんが白人警官に首を圧迫されて死亡した事件を受けて、アメリカ国内をはじめとした世界各地で「ブラック・ライブズ・マター」と呼ばれる運動、デモ活動が起きている。またドナルド・トランプ大統領の発言がさらに波紋を広げているなかで、フットボーラーも行動に移している。

 この日、シグナル・イドゥナ・パルクで行われたドルトムント対ヘルタ・ベルリンの試合前には、両チームがセンターサークルを囲んで、抗議の意を示す片膝をつくポーズを取った。そしてイングランド代表MFジェイドン・サンチョ、スイス代表GKロマン・ビュルキらといったドルトムントの主力選手たちは「平和がなければ、正義はない」、「団結を」と記されたメッセージTシャツを着用してウォーミングアップに臨んだ。

 ブンデス王者のバイエルン・ミュンヘンもレバークーゼン戦(4-2で勝利)の前に、「人種差別に対しての赤」と記されたメッセージTシャツ、そして「BLACKS LIVES MATTER」の文字が刻まれた黒の腕章を着用。またマインツ所属のカメルーン代表MFピエール・クンデ・マロングはフランクフルト戦で試合を決定づける追加点を決めた後、片膝を地面につけるパフォーマンスを見せるなど、各クラブがメッセージを発信している。


(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」