「ルールが無視される」 ハンガリーで“観客あり”のカップ戦開催も…“密”な応援が波紋

ハンガリーではソーシャルディスタンスを守らずにサポーターたちが応援(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
ハンガリーではソーシャルディスタンスを守らずにサポーターたちが応援(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

国内カップ戦決勝で一部サポーターが集結して応援

 ハンガリーで行われた国内カップ戦の決勝戦でスタンドに駆けつけたサポーターがソーシャルディスタンスのルールを守らず、“密”な空間でサポーターによる応援が行われたようだ。英紙「デイリー・メール」が報じた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 現地時間3日、ハンガリーの首都ブダペストにあるプスカシュ・アレーナでブダペスト・ホンヴェードFCとメゼーケヴェシュドSEによる国内カップ戦の決勝戦が行われた。

 ハンガリーでは新型コロナウイルスの影響を受けての中断後、観客を入れてサッカーの試合を行った欧州で最初の国となり、この試合は収容人数6万7215人を誇るスタジアムの下層スタンドだけが開放され、約1万人がスタジアムに駆けつけたとされている。

 観客は原則、隣と座席3つ分の間隔を空け、前後にも誰も座らないように義務付けられていた。

 大半のファン・サポーターはルールに従っていたものの、メゼーケヴェシュドSEのゴール裏に陣取っていた一部サポーターがルールを守らずに、密に集結して応援をしていたという。英公共放送「BBC」も「ハンガリーのカップ戦決勝でディスタンシングルールが無視される」と取り上げている。

 欧州でいち早くリーグ戦が再開されたドイツ・ブンデスリーガでは無観客試合での開催が続き、これから再開予定のプレミアリーグやセリエAでも同様に観客不在でのゲームが予定されているだけに、物議を醸すことになりそうだ。

 なお、試合はブダペスト・ホンヴェードFCが2-1で勝利を収め、カップ戦タイトルを獲得した。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  9. 元日本代表FW李忠成、1000万円級の高級スーパーカー披露 「車はテンション上がる」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ