元ブラジル代表FWロナウド、バルサ時代の“超絶スピード弾”に再脚光 「真の怪物&無敵」

バルセロナ時代のFWロナウド【写真:Getty Images】
バルセロナ時代のFWロナウド【写真:Getty Images】

1年だけ所属したバルセロナで37試合34得点と大爆発、強烈なインパクトを残す

 元祖“怪物”の元ブラジル代表FWロナウドは、バルセロナ、インテル、レアル・マドリード、ACミランと欧州のビッグクラブを渡り歩いた。なかでも、スペイン初挑戦となったバルセロナ時代はまさに無双状態だった。リーガ・エスパニョーラ公式ツイッター英語版は、当時の相手を寄せつけないゴールの数々を回顧している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ロナウドはオランダのPSVでゴールを量産して頭角を現すと、1996年夏にバルセロナへ加入。シーズン中に20歳となった若き才能はリーガ・エスパニョーラで37試合34得点と大爆発し、いきなり得点王を獲得し、翌97年にバロンドールを受賞した。

 バルサに在籍したのはこの1シーズンのみで、97年夏にイタリアのインテルに移籍。その後レアル・マドリードで“銀河系軍団”の一員としても活躍したが、多くの人の脳裏に「最も輝いていた瞬間」として刻まれているのは、やはりこのバルセロナでの96-97シーズンだ。インテル移籍後に大怪我をする以前、爆発的なスピードを武器にしたプレーはまさに別格だった。

 リーガ・エスパニョーラ公式ツイッター英語版が「1996-97シーズンのロナウドは歴代のシーズンで史上最高の一つを生み出した」と綴って投稿した1分3秒のゴラッソ集では、スピードに乗ったロナウドがマーカーの間を縫ってネットを揺らす個人技弾に始まり、センターサークル付近でこぼれ球を拾って、相手選手4人を引きずるようにペナルティーエリア内に持ち込んで決めるものまで、スピードだけで違いを生んでいる。

 ファンからは「史上最高」「R9>CR7」「リアル・ロナウド」「真の怪物&無敵」「両足が使えた」と改めて感嘆のコメントが寄せられており、元祖“怪物”を歴代最強に推す声も根強いようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」