長谷部は「次に何が起きるのか予測できる」 “未来予知力”を現地絶賛「突出していた」

フランクフルトMF長谷部【写真:Getty Images】
フランクフルトMF長谷部【写真:Getty Images】

長谷部はリベロとしてフル出場し、フランクフルトの7試合ぶり勝利に貢献

 フランクフルトは現地時間5月30日、ブンデスリーガ第29節の敵地ヴォルフスブルク戦で2-1と勝利。元日本代表MF長谷部誠は同MF鎌田大地とともに先発出場し、7試合ぶりの白星に貢献した。現地メディアはリベロとしてフル出場した長谷部を「次に何が起きるのか予測できる」と絶賛している。

 新型コロナウイルスによる中断期間を経て、ブンデスリーガは5月17日に再開。再開後1分2敗の未勝利で迎えたフランクフルトは、ヴォルフスブルク戦でも長谷部が3バックシステムの中央に入り、鎌田はトップ下に配置。1-1で迎えた後半40分、鎌田が左足で押し込む決勝弾を奪って7試合ぶりの勝利を手にした。

 2戦連発となった鎌田に国内メディアから惜しみない賛辞が送られていたなか、ドイツメディア「op-online.de」は選手寸評で長谷部についても言及。「この試合ではゲームデザイナーとして出番は少なかったが、守備の統率者として重要な存在だった。彼は大半のディエルの場面で競り勝っていた。なぜなら、次に何が起きるのか予測できるからだ。彼は突出していた」と日本のディフェンスリーダーを絶賛した。

 1失点こそ喫したものの、長谷部に備わる百戦錬磨の読みと判断力に、現地メディアは舌を巻いていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング